注目キーワード

報道否定!みちょぱ交際期間・同棲秘話や熱愛彼氏の大倉士門はヒモ男疑惑

“みちょぱ”の愛称で知られるモデルの池田美優(22)が、先日放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」(毎週日曜9時54分~)に生出演。

今月24日にモデルで俳優の大倉士門(28)との熱愛を一部週刊誌で報じられたことを受け、本人の口から赤裸々に語った。

また、報道の一部について間違っている部分があることや、交際相手の大倉士門がみちょぱの「ヒモ」状態であるかのように報じられていることに対しても切り込んだ。

全て話します!大倉との5年愛

出典:モデルプレス

話題となっている熱愛報道について、「全て話します」というナレーションで始まり、「最初で最後くらいの気持ちで」ときっぱり宣言し、スタジオを沸かせたみちょぱ。

番組が過去の出演でみちょぱがしてきた発言や、大倉の映像をまとめたVTRを流し、2人のことを大々的に取り上げると、「恥ずかしい…」とみちょぱは特集にひたすら赤面。

まず交際の事実について聞かれると、「はい。そこは記事にある通り」とあっさり認めた。そのうえで、「3年くらい前にみちょぱからアプローチ」という報道に関しては、

「(報道されている)交際期間が3年っていうのも間違ってて、(交際中に)ちょっと離れてた期間もあるので、それ含めると5年位は。テレビ出始めたときから」

と、みちょぱがテレビに出始めたときにはすでに交際がスタートしていたことを明かすと、スタジオは騒然。

MCの爆笑問題・太田光から隠してたことを責められると、「言うわけ無いじゃん(笑)。それをネタに番組に呼ばれるのが嫌だったの。実力で出たいっていうのがあった」と、これまで交際を公にしてこなかった理由を語ったのだった。

かねてより雑誌「Popteen」などで共演が多かった2人。2人は「Popteen」時代からファンの間では「顔が似ている」と話題を集めており、その仲の良さから度々交際が噂されていたが、その当時はそろって否定していた。報道によれば、今年2月に引っ越した新居で同棲しているという。

結婚も視野!ヒモ男ではないときっぱり

みちょぱと大倉の2人は友達でいる期間が2、3年と長かったため、交際については自然な流れでそうなっていたようで、「始まりも明確なもんじゃなかった」といい、交際記念日などもないそう。

ティーン雑誌「Popteen」モデル時代からみちょぱと仲の良い藤田ニコルは、2人の交際の事実をもちろん以前から知っていたという。

また、2人の報道が明るみに出た際にリード分にあった、「私が支える」という文言についてはきっぱり否定したみちょぱ。「今年所属事務所をやめフリーで活動する大倉を支えるため『私が面倒見る』と同棲開始」とされていたのだが、それに関しては、

「そんなこと言ってないし、1年くらい前からずっと家を一緒に探してたんで、元々がそろそろ一緒に住もうかと。お互い支え合おうと」

と、元々2人のなかでは同棲する予定だったと回答。お互い自立してしっかり仕事をしているため、

「”面倒見る”ってなってたけど、“ヒモ男”みたいに勘違いされてるのは勘違いしないで欲しい。(大倉が)そういうの一番嫌いなタイプなんで。ちゃんと自分で働いているので」

と、報道内容が誤っていることを強調した。これまでテレビ番組出演の際などにも結婚願望があることを打ち明けていたみちょぱ。大倉との結婚については、「私は全然してもいいと思ってますけど」と告白した。2人の間でも、「早く結婚したいね」と話しているという。

みちょぱの彼氏・大倉士門とは?

今やテレビで見かけない日はないほど、引っ張りだこの人気者となっているみちょぱ。そんな彼女なだけに、相手の男性が誰であろうと、よっぽどのベテランであったり人気俳優であったりしない限りは、「格差」等言われてしまうのも避けられないだろう。

そんなみちょぱのお相手として報じられている大倉士門は、たしかにみちょぱと比べるとメディア露出は少ないが、しっかりと仕事をしているのは事実。

もともと関西ジャニーズJr.として活動していた過去のある大倉は、関西圏での人気・知名度は高い。ジャニーズ事務所退所後も、りゅうちぇるなどの人気モデル・タレントと関西ローカルのトークイベントに出席したりといったこともあったようだ。現在も上記ツイートでわかるように、フワちゃんといった人気YouTuberと共演をすることも。

モデルとしての人気が絶頂だった当時は、大倉が来るとわかればトークイベント会場が足の踏み場もないほど人が殺到して大変だったのだとか。今でも、関西圏では人気を維持しているという。

親密な関係になってから長く、すでに結婚も視野に入れているという2人。当時、Popteenでの共演時代を知っている読者は口を揃えて「お似合いだった」という。ゴールインの日もそう遠くないかもしれない。