元なでしこ丸山桂里奈がお尻を披露!画像公開に「私のお尻も喜んでいました」



元サッカー日本代表(元なでしこジャパン)として活躍し、現在タレントとして活動している丸山桂里奈(35)が15日、TBS系情報バラエティ番組「サンデー・ジャポン」(日曜・9時54分)に生出演。

丸山桂里奈は6月17日に放送された「サンデー・ジャポン」番組内で、日本代表のロシアW杯での1次リーグでの勝敗予想について、

「3勝です」

と予想していた。また、番組内ではその予想が外れた場合、

「お尻を出します」

と、番組出演者・視聴者に対し公約していた。

丸山桂里奈がお尻を出した

出典:丸山桂里奈 公式ツイッター 画像

「サンデー・ジャポン」番組内では、日本代表のロシアW杯一次リーグを3勝で突破すると予想していた丸山桂里奈だったが、見事に外れてしまった。

そこで番組では予想が外れたということでお尻出しにチャレンジする姿を密着取材をすることとなった。

丸山桂里奈は「お尻を出します」との公約を守るため早朝5時30分にスタジオ入りし、約3時間の撮影を行う事となった。

撮影されたお尻を出した画像は7月20日発売の週刊現代袋とじに納められる。番組では数点を紹介。丸山桂里奈がベルギービールの瓶をお尻で挟むショットや、ベルギーワッフルをお尻に乗せるショットが紹介された。

お尻の撮影への意気込み

ロシアW杯1次リーグ日本代表の成績予想がハズレお尻を出すという公約を守ることとなった丸山桂里奈は、撮影入りに対し、

「勢いよく出したいと思います」

と、自身がお尻を披露することに勢いよくやりたいとコメント。

「罰ゲームでしたが、私のお尻も喜んでいました。お尻的には良かったと思います」

と、自身のお尻を披露する事となった罰ゲームだったが、お尻的には良かったと真顔で感想を語りスタジオの笑いを誘った。

丸山桂里奈

丸山桂里奈(まるやまかりな)は、東京都大田区出身1983年3月26日生まれの元女子サッカー選手。元サッカー日本女子代表のフォワードとして活躍。

日本体育大学体育学部体育学科卒業で現在はホリプロ所属に所属している。

大田区立入新井第一小学校サッカークラブでサッカーを始めた丸山桂里奈は、その後東京ガスサッカースクールに所属。中学時代には日テレ・ベレーザの下部組織である読売メニーナに入団。

東京経営短期大学村田女子高等学校に進学した丸山桂里奈はメニーナを退団し高校のサッカー部でのプレーを選び3年生の時には第9回全日本高等学校女子サッカー選手権大会で第3位となった。

2001年には日本体育大学体育学部体育学科に進み、全日本大学女子サッカー選手権大会を4度制し、同大学の同大会5連覇に貢献。

大学在学中にサッカー女子日本代表初選出され、2003年のFIFA女子ワールドカップ、2004年のアテネオリンピックに出場。

丸山桂里奈オフィシャルブログ「マルカリトーレ」 公式ブログ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください