2型糖尿病と診断のクロちゃん食改善ツイートのウソを森田医師が見破る

1月28日放送の医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で2型糖尿病と診断された安田大サーカスのクロちゃん。

「名医のTHE太鼓判!」では、即入院レベルという2型糖尿病の警告にTwitterでは、

「気を引き締めて頑張ります。親を悲しませちゃいけないからね」

と、食生活改善に向けてさらに努力する姿勢を見せていた。



2型糖尿病とは?

rewind / Pixabay

2型糖尿病(にがたとうにょうびょう)は、高血糖症・インスリン抵抗性・相対的インスリン不足が特徴の長期的代謝異常である状態となっている。

一般的症状は多渇症(異常な喉の渇き)、多尿症、原因不明の体重減少。また、ほかの症状には多食症(空腹感の増加)、疲労感、傷が治らない又は治りにくいこともあるという。

症状は少しずつ現れ、高血糖症による合併症には、心疾患、ストローク、糖尿病網膜症により失明、腎不全、手足の血流の悪化による手足の切断などがある。

2型糖尿病は正常な体重の維持、定期的な運動、適度な食生活によって部分的に予防できると言われている。

2型糖尿病の症状と予防

2型糖尿病となり、血糖値が160~180mg/dLを超えると尿中に糖が出てきて、血糖値が上がるにしたがって腎臓が大量の糖を薄めるために余分な水分を排出しするため大量の尿が頻繁に出る。

その結果とてものどが渇くようになり、カロリーの多くが尿で失われるので、体重が落ち、強い空腹感を感じるようになる。

疲労感、眼のかすみ、眠気、吐き気、運動持久力の低下といった症状が出るようになるという。

2型糖尿病の治療には運動と食事療法が含まれる。血糖値が十分に下がらない場合、薬剤のメトホルミンが勧められるのが一般的。

最終的にインスリン注射が必要となってくる。

番組で2型糖尿病と診断されたクロちゃんがウソ

出典:クロちゃん 公式ツイッター 画像

医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」で2型糖尿病と診断されたクロちゃんは、治療の為食生活を改善中。

そんな中、クロちゃんが2月5日に大皿に乗ったラム肉の画像とともに、

「ラム肉と野菜だけたっぷり食べるしん!」

と、食生活改善している中での食事内容をツイートした。これに疑いを抱いた医師でジャーナリストの森田豊氏が店舗に足を運び、ウソのツイートであったことを発表した。

2型糖尿病を治療中のクロちゃん

出典:クロちゃん 公式ツイッター 画像

「名医のTHE太鼓判!」で2型糖尿病と診断されたクロちゃんのTwitterに投稿される食事内容を森田医師がチェックしていた。クロちゃんが、

「朝ごはんは、スムージーと野菜」

とツイートすると森田医師は、

「写真に写っていないところにカップラーメンがないものと信じています」

とコメントしたり、

「米そんな欲しくねーから抜くしん!」

とのツイートには、

「隠したコンビニ袋に、箸とフォーク、おにぎり、パスタが入っていて、通路側の席においてはいませんか?」

と分析したりしていた。

クロちゃんのウソツイートを踏み込んで真相を確かめる

クロちゃんのTwitterに投稿される食事内容をチェックしていた森田医師は、お店でラム肉を食べたというツイートに、

「いまから、踏み込んで真相を確かめるしん! もう我慢できないしん!」

と反応し、ラム肉を食べたお店にチェックしに向かい、

「もう既に閉店でしたが、様々な証言からラム肉、野菜は食べてましたが、シャリ(ご飯)も小さい握りサイズで三つ食べていたようです」

と、聞き込み調査を経て『嘘』と診断しますとクロちゃんのウソツイートを暴露。そんな森田医師に対して「やりすぎではないか?」「仕事熱心」などとネットで声が上がっている。