注目キーワード

こじるり(小島瑠璃子)熱愛デート!彼氏はキングダム人気漫画家

人気タレントで「こじるり」の愛称で親しまれる小島瑠璃子に、19歳年上の人気漫画家との熱愛スクープだ。

お相手は漫画「キングダム」の作者・原泰久氏で、小島はかねてよりこの作品のファンだと明かしていた。

原氏は以前結婚していたが、今は独身だということだ。2人のデートの様子を週刊誌がキャッチしている。

こじるり熱愛デートは福岡県で!

https://www.instagram.com/p/CDBCDcCHenc/?igshid=16t57yjsbbk47

週刊ポストによれば、7月下旬、小島と原氏の買い物デートの姿がキャッチされたのは意外にも福岡県でのこと。

小島は買い物かごを自ら持ち、レジで原氏が支払いをする間、親しげに寄り添っていたという。

買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かったということだ。

さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。

その後は映画を鑑賞し、またしても2人は原氏のマンションへ。2連泊ということになる。

週刊ポストが小島の所属事務所に確認したところ、「プライベートなことは本人に任せております」と回答したということだ。

また原氏が漫画を連載している『週刊ヤングジャンプ』の集英社は、「作家のプライバシーに関することは回答を差し控えさせていただきます」と答えたという。

原泰久氏とは?キングダムとは?

小島瑠璃子といえばこの世代の女性タレントを代表する売れっ子で、各番組から引っ張りだこだ。

報道によれば小島のほうから猛アタックをしたということだが、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している彼女を射止めたのは、いったいどんな男性なのだろうか。

冒頭にも述べたように、小島の彼である原泰久氏は人気漫画「キングダム」の作者で、小島はこの作品の大ファンだという。

漫画「キングダム」は古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指す大巨編だ。

現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録した。

2019年の邦画実写作品で1位という数字だ。すでに続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。

小島は2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場した、筋金入りのファンだ。

これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りも過去にはあった。

こじるり感動で涙のワケ!

2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れた。

『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、ついにこのときこじるり待望の2人の対談が実現した。

初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。

ずっとあこがれ続けてきた作品とその源である作者に触れることができ、感極まったのだろう。

このまま結婚なるか?

今年4月にはツイッターで、一般人に対して「結婚してもらってもいいですか」とつぶやくなど、日頃より結婚願望の高さを垣間見せていた小島。

この発言時にすでに彼との交際が始まっていたのかは定かではないが、もしすでに付き合っていたとしたら、彼もひやひやだったかも。

原氏は過去に漫画のおまけページで妻の存在を明かしていたため既婚者だったと思われるが、知人の話などを総合すると現在は独身と思われるということだ。

離婚経験があるのであれば再婚には慎重になるかもしれないが、一方の小島はというと結婚願望にあふれている。

晴れてゴールインとなるだろうか。今後に注目だ。