注目キーワード

柏木由紀が10万人に1人の難病「脊髄空洞症」薬の副作用などを報告

AKB48の柏木由紀(29)が、「皆様にご報告があります」とのタイトルで自身のYouTubeチャンネルを更新し、約10万人に1人の難病「脊髄空洞症」に罹患したことを明かした。

同日、テレビ東京系で放送された「主治医が見つかる診療所【芸能人“お悩み解決”人間ドックSP】」に出演していた柏木。番組内で人間ドックを受け、MRI検査の検査画像から「脊髄腫瘍」「脊髄空洞症」の疑いがあると指摘されていた。

また、インスタグラムでは治療の経過や薬の副作用などを報告。ファンからは、心配する声や応援が多く寄せられている。

早期発見で治療開始へ

先述の通り、「主治医が見つかる診療所【芸能人“お悩み解決”人間ドックSP】」内で人間ドックを受けたことによって病気の疑いが明らかになった柏木。番組の放送を待って自身のYouTubeでも明かす運びとなった。

柏木によると、病気を知ったのは5月22、23日のAKBコンサートの約1週間前だったという。ただ、「コンサート中は病気のことを一回も思い出さないぐらい元気にやったんですけど」と話した。

「人間ドックSP」の収録後にすでに再び精密検査を受けたといい「急いで治療をしなければいけない状態ではない。すごく一刻を争う事態ではないですし、命にも別状はないんですけども」と深刻な状態ではないことを明かした。

番組内でも脳神経外科専門の医師が、進行が進んだ場合「階段の上り下りにも影響が出てくる」としたが、早期発見と考えられると見解を示した。

今後はスケジュールと相談しながら様子を見るといい「まとまって、もしかしたら治療に専念してっていう時があると思うんですけど、その時になってみないと分からないですけど」とした。当面は通常通りの活動を続けていくという。

以前から出ていた病気の兆候

1年以上前から左手の指にしびれの症状が出始めたという柏木。手のしびれや首の違和感については以前からYouTubeなどで訴えており、その当時は整形外科で中高年に多い「手根管症候群」と診断されたとしていた。

それが誤診だったのかは定かではないが、そこでいったん病名がわかって解決したと思われていたため、今回新たに難病が陰に潜んでいたことを知った柏木は衝撃。

そして10万人に1人であるという病名を知った当初は「嘘でしょ?」と驚きを隠せなかったというが、医師からは薬を処方されているといい、「薬を飲んでいる時はしびれがなくて。現状は元気ですので。温かく見守っていただければ」と話した。

インスタで経過と副作用を報告

ファンの心配の声が高まっている中だったが、今回新たにインスタグラムを更新。現在の体調や薬の副作用などを明かした。

「現在のわたしは、少し首が痛いです。とても痛いときと少し良くなるときを繰り返しております。あとは薬の副作用でとんでもない眠気と毎日闘ってます 手の痺れは変わらず、、。」

心配の声も多く届いているのだろう。ファンへのメッセージとして、

「でもとっても元気です!! 温かいコメントもありがとうございます。また何かありましたら報告しますね」

として締めくくった。

脊髄空洞症とはどんな病気?

脊髄空洞症は、国の指定難病。脳や脊髄は通常は液体(脳脊髄液)の中に浮かんで、外部からの衝撃から守られているが、脊髄空洞症では、脊髄の中にこの脳脊髄液がたまった大きな空洞ができて脊髄を内側から圧迫するため、いろいろな神経症状や全身症状をきたす。

いわば、脊髄が『ちくわ』のような形になってしまう病気だということだ。薬剤による治療のほか、手術による治療によって進行を遅くするなどの措置が執られる。

統計では20代から30代での罹患が多いが、男女差なくあらゆる年齢層で起こりうる病気だという。原因は特定できるケースもあればできないケースもあり、遺伝性ではないというのが現代医学での知見のようだ。

片側の腕の感覚障害もしくは脱力で発病することが多く、重苦しい、痛み、不快なしびれ感ではじまることが多い。柏木の場合も指のしびれから始まったので、このケースに当てはまるのだろう。

また特徴的な感覚障害として、「温痛覚障害」をきたすことがあるという。この障害はたとえば、腕を強くつねられても触れられているという感覚はあるのに痛みを感じない、あるいは火傷をしても熱さを感じないといったことだ。また病気が進み空洞が大きくなると、しびれ、筋肉のやせ、手足の脱力、つっぱりなどがみられてくるという。

芸能界からもエール

インスタなどのSNSに「何かあったらいつでも弱音吐き出してね」「報告ありがとう」とファンから多くのエールを受けている柏木。芸能界からも、柏木を慮る声が寄せられている。

お笑いタレントの東野幸治は、深夜放送のABCラジオ「東野幸治のホンモノラジオ」(金曜深夜1・00)に出演し、柏木について、

「たまたま番組で人間ドックをして早期発見して。テレビに出るお医者さんで、ちゃんとしてはるから、『これからちゃんと治療していこう』ということで、結果良かったんですけど」

と言及したほか、自身がキャスターを務める5日放送のABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」でも、

「人気のアイドルをやっているし、歌って踊ってみんなに元気を与える立場ですから、頑張ってほしいなと思いますし、私からもエールを送りたいと思います」

と柏木に向けて激励の言葉を贈った。また、何度か柏木と番組で共演歴があるという俳優の谷原章介も、自身がキャスターを務める朝の情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)で、

「気丈な方なので、ちょっと無理をして周りに明るく振る舞うかも知れませんけど、まずはご自身のことを考えても、皆さんのためにもきちんと治療していただきたいなと思います」

と心配そうに話していた。