注目キーワード

華原朋美ユーチューブでろれつ回らず!ベビーシッターの虐待は大丈夫か

歌手の華原朋美が、自身のユーチューブで寄せられたコメントに返答をしたことで話題となっている。

視聴者から寄せられたコメントには、「ろれつが回っていない」など華原の心身を心配するものも多く、「私は大丈夫」などと返信している。

華原朋美は先日、バイオリニストの高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターにより、子供が虐待を受けたと明かしていた。

レジ打ちを舐めてる?

華原朋美は21日夜、YouTubeチャンネルに動画を投稿。華原は8月末をもって、足かけ20年所属したプロダクション尾木を退社、事実上のフリーランスとなった。

それをきっかけにか、今月16日に自身のチャンネルを開設して以降、自身の動画がネットニュースとなり、そこに多数のコメントが届いていると明かした。

先日物議を醸したのは、華原による「レジ打ち」発言。発端となったのは20日付の投稿。

華原はどんどん「口座からお金が減っていく」と明かし、もし芸能の仕事がうまくいかない場合には、

「息子を育てるためにはウーバーイーツ(の配達員)やレジ打ちも辞さない」

と心境を語った。しかしこれがニュースとして報じられるやネット上で物議を醸すことに。

ヤフーニュースのコメント欄にも「配達員やレジの仕事を見下しているのでは?」といった疑問の声が続出する事態となった。そこで華原は21日付の投稿で事情説明と謝罪をした、というのが事の流れだ。

発言は誤解、視聴者に謝罪

出典:ヤフーニュース

「私自身はすごく健康で元気にやっています。ただ本当に口座からどんどんお金が減っていく状況です」

と華原は現状を説明。ただしそれは自分だけの問題ではないとも補足。

コロナ禍にあって、世の中全体が従来の生活様式とは変わって、お金がどんどん必要となっていく時代になったのでは、と分析した。

また、物議となった くだんの「ウーバーイーツ」「レジ打ち」といった発言についても、視聴者からのコメントを受けて言及。

YouTubeは直接会って話をしているわけではないので誤解を招きやすい、と断りつつ、

「(レジ打ちなどの仕事を)なめているとか、そういう気持ちで話したつもりではない」

「私が本当にレジ打ちをやるとなったとき、何もわからないのが現実。そこで一から教えてもらうことはすごい大変なことだしストレスだし絶対難しいと思いました。だからこの件に関してはものすごく反省しています。申し訳ございませんでした」

と発言の意図を説明し、謝罪した。また、厳しいコメントも参考にしていると説明し、感謝を述べた。

精神的に疲れ?「元気です」

また、コメントなどで精神的な疲れを心配されているとしたうえで「元気にやっています」と語った。

動画での「ろれつ」が回っていないことを心配したり、精神的に「不安定」に見えるとのコメントがあると説明し、首をかしげながら、

「なんでだろう。ゆっくり話せない、急いで話そうとするから、そう見られるのかな」

「楽しくお話させていただいてます。ご心配はいりません。元気にやってますんで、ろれつが回っていなかったら、ああそうなんだくらいで思ってください。全然疲れてないです。疲れたと言うより、YouTubeが楽しいです」

と話した。また、自身の父親からも「ちょっと動画みて心配だよ」と連絡があったという。「私は元気にやってますんで大丈夫です」と語った。

高嶋ちさ子との騒動の全容は?

華原朋美といえば、昨年夏に第一子を授かった。相手の男性が“外資系企業に勤務する一般男性”ということは報道されたが、結婚はしていないのではと見られている。

2007年、度重なる体調不良で仕事の継続が不可能だと判断されると、尾木プロから契約を解除された華原。

その後、同事務所に再所属したが、先述のように今年に入って退所し、今はフリーとなっている。

ここ最近は出産もあいまって音楽活動もかなり減っていた彼女だが、そんな彼女の名前が久しぶりに週刊誌に出たのが「高嶋ちさ子との大モメ」だ。

しかもこちら、話によれば華原本人からの持ち込みネタだということらしい。FRIDAYが報じる。

《華原朋美が愛息虐待騒動で高嶋ちさ子と大モメ》といった内容の記事で、互いに“親友”と認め合うふたりに一悶着あったことが報じられた。

愛息が生まれたばかりの華原が、信用する高嶋ちさ子が“かつて自分の子どもたちも預けた”というベビーシッターを雇ったのが事の発端。

1歳になる直前の華原の愛息に対し、“哺乳瓶をくわえている最中に逆さ吊り”をしていたことがわかり、これは虐待だということでトラブルになったという。

家政婦の日頃の言動を不審に思った華原が部屋の防犯カメラの映像を確認したことから今回の一件が発覚し、家政婦は即刻解雇。

警察も介入する大事に!

しかし、そのことを家政婦を紹介してくれた高嶋にLINEで相談したところ、思いもよらない返事が。

「これのどこが虐待なの? うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた(中略)もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ」

話は当人同士の間におさまらず、警察が介入する事態にまでなったという。そして、さまざまな検証が行われた結果、“虐待ではない”という判断がくだされたようだ。

信頼していた親友であった高嶋との間にこういったトラブルがあった直後なので、YouTubeの動画で「精神的疲れ」が彼女から見て取れたとしてもまったく不自然ではない。

2人の仲が元に戻る日は来るのだろうか。