注目キーワード

堀北真希の妹インスタの恐怖現在を語る!姉公表で苦悩を激白

堀北真希の実の妹であり、モデルでアイデザイナーのNANAMI(25)が、「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。

元女優・堀北真希の妹であることを公表することになった背景に、芸能人を身内に持つゆえの苦悩があったことを明かした。

NANAMIは、今年3月放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」でテレビ初登場時に、堀北さんの「実の妹」であることをカミングアウトし、大きな話題となっていた。

学生時代に…SNSの恐怖

https://www.instagram.com/p/CAsCYALljB8/?utm_source=ig_web_copy_link

「テレビの仕事2回目」だという今回のグータンヌーボ2の収録では、堀北さんとの関係を打ち明けたきっかけや、それまでの苦悩について赤裸々に告白。

NANAMIは2015年に美容系専門学校を卒業後、きゃりーぱみゅぱみゅ等が所属する芸能事務所『アソビシステム』が運営するアイラッシュ&ヘアーサロン『L by HOME』で働き始める。

2017年からはモデル活動もスタートさせ、2019年には1st写真集『NANAMI』を出版。若者からカリスマ的人気を誇るモデルにまで登り詰めた。

そんな彼女がまだ芸能人ではなかった専門学生時代に、ネットで自身の写真が出回ったことがあったという。

NANAMIは、「SNSは鍵を付けてやってて、知っている人だけなら見られるようにしてたんですけど、その時にあげてた写真が出回ったから、誰かしら…」と当時を回顧した。

「グータン」レギュラーで元乃木坂46の西野七瀬が、「(NANAMIが)堀北さんの妹っていうことを知ってて(拡散したのか)?」と問うと、「そうです」とうなずいた。

そんなこともあり、NANAMIはこれまで堀北真希さんの妹ということは本人からは一切明かさずモデル活動をしていたが、それをよそにネット上では堀北さんの妹だと特定されており、芸能界入りもまことしやかに囁かれていた。

「それ(昔の写真)がもし出回っていなかったら、(堀北さんの妹だと)自ら言わなくてもいいことかなって、自分のなかではあったんですけど、もう出ちゃっている以上、そこを否定も肯定もしないうやむやな感じでいる方が不自然だし。」

「そこをグレーにしてると、あることないことがどんどん出てきちゃってて。これからこうやってテレビとかでお仕事させていただくんだったら、ハッキリさせちゃった方がいいかなって」

と、カミングアウトに至るまでの複雑な心中を語った。それでも姉は姉、自分は自分という強い意志をもって活動をしていくとのことだ。

姉妹不仲説はデマか

また同じくグータンヌーボ2でNANAMIは、姉との関係性については、

「お姉ちゃんってよりかは、お母さんぐらいな感じ。けっこう落ち着いている。面倒みてくれる感じ」

と、良好な姉妹関係を語った。

NANAMIが思春期のときは、堀北さんが仕事に忙しく、会える機会も少なかったそうだが「たまに会えたら喜んで。一緒に遊んだりとかしてるから、けんかとかもあんまりない」と打ち明けた。

過去には『女性自身』に、堀北真希さんのせいで一家離散になった過去を報じられており、不仲説も一部では囁かれていた姉妹。

しかしNANAMIは『行列〜』でも「今朝も姉とLINEした」などと話しており、どうやら不仲はガセというのが濃厚のようだ。

視聴者からの反応は?

美人姉妹ということで、どうしても避けられないのが世間からの比較。広瀬アリスと広瀬すずの姉妹や、有村藍里と有村架純の姉妹など、本人らの意に反して容姿や実力を比べられてしまいがちだ。

カミングアウトで、多くのコメントは「びっくり」「ずっと似てると思ってた」など驚きの声か、あるいはNANAMIの心境を慮るものや応援するもの。

だが一方で、「結局は姉の名前でテレビ出演」「堀北真希にはとうてい敵わない」といった心ないコメントも。

あまりプレッシャーに感じず、自分らしく頑張ってもらいたいものだ。

NANAMIの経歴や今後は?

「堀北真希の妹」ということを公表する前から、インスタグラムのフォロワーは、30万人近くもいるNANAMI。

堀北真希さんの妹であることを公表したことで、さらに芸能界へ進出していくことを狙っているのではないかと言われている彼女だが、その経歴も気になるところ。

『bis』『ar』『VOCE』など、様々な雑誌で読者モデルを務め、その傍ら、原宿の人気アイラッシュサロン『L by HOME』のアイデザイナーとしても務める。

サロンでも大人気で、「NANAMIさんにまつエクしてほしい」と言って、わざわざお店を訪れる人も多いのだとか。

今後はモデルの枠を超え、芸能界で姉にも負けない活躍をしてくれることに期待が高まる。