パーマ大佐「森のくまさん」歌詞問題解決!生放送でびっくりコメント 話題のCD・動画を紹介

 

童謡「森のくまさん」替え歌の歌詞について著作権などの問題が円満解決と発表された。お笑い芸人のパーマ大佐(23)が2日に、ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(月~木曜午後1時)の生放送に出演。今回の童謡「森のくまさん」替え歌の著作権などの騒動解決について初めてコメント。

パーマ大佐は「土屋礼央 レオなるど」の生放送で

「本当にお騒がせして申し訳なかったです。今回の件に関しては本当に円満解決したので、無事にこれから『森のくまさん』を何の問題もなく堂々と歌える」

と、「森のくまさん」替え歌の著作権などの問題が円満解決したとコメント。今回の騒動についてパーマ大佐は

「びっくりしました」

と、生放送で心境を明かし、今後の「森のくまさん」替え歌の表記について

「歌詞の途中の部分で加えているところがあるので、加える詞でパーマ大佐と(記載する)」

と、今後の「森のくまさん」替え歌の歌詞について説明した。

パーマ大佐「森のくまさん」替え歌の歌詞について著作権騒動

出典:パーマ大佐 オフィシャルtwitter

パーマ大佐「森のくまさん」替え歌の歌詞について著作権騒動は、童謡「森のくまさん」の日本語歌詞を手掛けた馬場祥弘氏が、パーマ大佐による替え歌芸を収録したCDの販売差し止めや、慰謝料300万円の請求を通知したことが発端となった。

童謡「森のくまさん」の日本語歌詞を手がけた馬場氏側は先月18日にパーマ大佐と、ユニバーサルミュージックに販売差し止めや、インターネット上の動画削除などを求め、返答の期限を「2週間以内」に設定していた。

馬場氏の代理人弁護士は1日、パーマ大佐とユニバーサルミュージックの申し出について合意に達し、書面で「円満解決に至りました」と報告。

「ユニバーサルミュージックとパーマ大佐は、CDやDVDの販売と、パフォーマンスでの訳詞の利用について、団体を通じて馬場氏の同意を得たと理解していましたが、馬場氏は、団体からの問い合わせに対して、不同意との回答をしたという認識でした」

とし、パーマ大佐とユニバーサルミュージック側と童謡「森のくまさん」の日本語歌詞を手がけた馬場氏側とに今回の流れについて「認識の相違があった」と指摘した。返答を求めた期限の間に、

「誠意ある行動をしていたことが分かった」

とのことから、円満解決に至ったと説明。ユニバーサル社などがパーマ大佐「森のくまさん」替え歌が馬場氏に著作者人格権が帰属していると確認。

「今後とも、その著作者人格権を尊重するとしたことから、馬場氏においてCDなどの販売、及び、パフォーマンスに関して快諾した」

と説明している。

パーマ大佐 オフィシャルtwitter

パーマ大佐森のくまさん歌詞の問題解決鉄板ネタ動画も解禁

パーマ大佐は1月31日に都内で行われたピン芸人トーナメント「R-1ぐらんぷり 2017」の3回戦に出場。まだ替え歌の歌詞について著作権騒動が解決していなかった為にネタの合間に

「『森のくまさん』はまた別でやります」

と、復活を匂わせる発言も入れて笑わせ、準々決勝進出を決めていた。また、生出演した「土屋礼央 レオなるど」の番組内で「森のくまさん」を解禁し、パーマ大佐は

「胸を張って曲紹介していいですか。それでは聞いて下さい。パーマ大佐で『森のくまさん』」

と曲振りも行った。

「久しぶりに聞いた感じがします。他にも歌ネタあるんで、引き続きつくっていこうと思います。ネタが一番好きなんで、おじいちゃん、おばあちゃんになってもお客さんの前でネタをやりたい。歌ネタ芸人といえばパーマ大佐と言われるようになりたいなと思います」

と、森のくまさん歌詞の問題も円満解決し新たなステージへ進む決意を話した。

パーマ大佐  オフィシャルサイト

パーマ大佐「森のくまさん」ネタ動画

パーマ大佐 – 「森のくまさん」 ショートver.

森のくまさん-パーマ大佐 ウクレレフルver.