仮面ライダー鎧武(ガイム)俳優が強制わいせつ致傷容疑で逮捕!戦極凌馬とは?

仮面ライダー鎧武でライダー役・青木玄徳

出典:青木玄徳 Twitter 画像

青木玄徳(あおきつねのり)は1987年10月19日生まれ埼玉県出身の俳優。

モデルでの活動を経て2011年7月「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン 青学vs氷帝」にて本格的に俳優デビューを果たした青木玄徳。

「仮面ライダー鎧武/ガイム」では戦極凌馬役を演じ、今までの真面目で役柄もクールな人物像のイメージを払拭するための挑戦であったとコメントしている。

青木玄徳が演じた「仮面ライダー鎧武/ガイム」戦極凌馬役での変身ポーズは子供の頃に考えていたものを用いているという。

2018年4月6日、同年3月31日付けを以て所属事務所「ドルチェスター」とのマネジメント契約を満了。双方の合意を以て退所する旨を事務所公式Twitterを通じて報告。

強制わいせつ致傷容疑で逮捕の内容とは?

4月5日に強制わいせつ致傷容疑で逮捕された「仮面ライダー鎧武/ガイム」戦極凌馬役を演じていた俳優・青木玄徳。

容疑は、2018年3月4日深夜に世田谷区太子堂の歩道で信号を待っていた女性に背後から抱きつき、女性の胸を触って首や腰に10日間の怪我を負わせた強制わいせつ致傷容疑で逮捕。

青木玄徳は、強制わいせつ致傷容疑を認めており、

「酒に酔って気が大きくなってやってしまった」

と供述しているという。強制わいせつ致傷容疑で逮捕の報道後、出演予定だった作品の降板やイベントの中止が発表されている。

「仮面ライダー鎧武/ガイム」戦極凌馬とは

「仮面ライダー鎧武/ガイム」本編7話から「謎の男」として登場した戦極凌馬は、戦極ドライバーの開発者としてユグドラシル・コーポレーションに関わっている天才科学者。

呉島兄弟の実の父である呉島天樹がユグドラシルを担う人材育成の為にかつて設立した孤児院出身だが、施設自体がアレであったこともあってか後述する様に冷酷なマッドサイエンティストである。

「私は戦極凌馬。君たちが使った戦極ドライバーの設計者だ」

「私の才能が、研究が、唯一価値のあるものなんだ。この世界の真理なんだ!」

シドや湊耀子からは「プロフェッサー凌馬」と呼ばれている戦極凌馬。 呉島貴虎とは同い年であり、貴虎の事を呼び捨てで呼んでいる。

ユグドラシルタワーに備えられた武装や防御システムを許可を必要とせずに発動させる権限を持つなど、社内でもかなりの力を持っていた人物。

1 2

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください