木村拓哉主演ドラマ『A LIFE』平均視聴率14.2%主題歌はB‘zの新曲で好発進



昨年2016年の大みそか12月31日をもって解散した国民的アイドルグループSMAPの木村拓哉(44)が2017年よりソロとして活動開始。

第一弾として主演すると注目の集まったドラマTBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)が15日に25分拡大でスタートした。

木村拓哉がソロ活動開始初主演となったドラマ「A LIFE~愛しき人~」初回の平均視聴率が14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日に発表された。

2017年よりソロ活動開始し、初主演ドラマ作品として注目を集める中、15%に迫る好発進となった。

木村拓哉主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』平均視聴率14.2%

出典:『A LIFE~愛しき人~』 公式twitter画像

ドラマ「A LIFE~愛しき人~」は、1月クールの民放連続ドラマ暫定トップを取った、同じくSMAPからソロ初主演ドラマの仕事となる草なぎ剛(42)が主演を務めるフジテレビ「嘘の戦争」(火曜後9・00)と視聴率がどうなるのかと話題となっていた。

1月クールの民放連続ドラマ暫定トップとなった草なぎ剛ソロ活動後初主演ドラマ「嘘の戦争」初回視聴率11・8%を上回り、まずは木村拓哉(キムタク)のドラマ『A LIFE』に軍配が上がることとなった。

1年半ぶりの連続ドラマ主演となった木村拓哉(キムタク)は、TBS日曜劇場は2013年10月クール「安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~」以来3年ぶりとなる。

ドラマ『A LIFE』の脚本はフジテレビ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」の僕シリーズ3部作などで知られる橋部敦子氏による完全オリジナルのヒューマンラブストーリーとなっている。

あらすじ
医師として駆け出しの頃、親友の思惑により病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡ることとなった外科医・沖田一光(キムタク)。10年後、かつての恋人の父に請われ医師として壇上記念病院に勤めはじめることとなった。

務め始めた外科医・沖田一光(キムタク)を待ちうけていたのは再会した元恋人、親友、そして一癖も二癖もある医師や看護師たち。

人間としての想いが、知らず知らずのうちに、沖田を病院内でうごめくさまざまな人たちの思惑、そして親友との対立に巻き込んでゆく・・・・

ドラマ『A LIFE~愛しき人~』の主題歌にはB’zの新曲「Still Alive」

2017年1月15日(日)にスタートしたドラマ『A LIFE~愛しき人~』の主題歌はB’zの新曲「Still Alive」であることが初回放送で発表となり話題となっている。

B’zがTBSドラマのために新曲を書き下ろすのは、2000年放送のドラマ『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』の主題歌となった「今夜月の見える丘に」以来17年ぶりとなった。両ドラマともに主演は木村拓哉(キムタク)ということもあり今回話題となっている。