注目キーワード

海外映画に出演した釈由美子!現在また顔が変わった?結婚相手は誰?

釈由美子の出演するカナダ映画「ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染」が、7月2日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテほか全国で公開される。

釈由美子にとっては初の海外進出となった当映画。殺人ウイルスの感染爆発を描くホラー映画であり、全世界的にパンデミックが広がっている現状と重なるところもある。

また、母親になってから初めての映画出演ということもあり、妊婦役という役どころにも何か思うところがあったようだ。今回の記事では、そんな彼女の現在や、たびたび囁かれる「顔が変わった」という噂にも切り込んでみる。

殺人ウイルスの恐怖を描くホラー映画!

「ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染」(英題:Hall)は、あるホテルの一室で始まった殺人ウイルスの感染爆発を描くホラー映画。

出典:映画 公式サイト(※英語サイト)

出演者の中でも釈の名前は2番目に書かれており、大事な役どころであることが窺える。支配的な夫の恐怖から逃れ、たったひとり異国の地へ訪れている妊婦の「ナオミ」を演じた。

撮影自体は、まだコロナウイルスが世に芽も出さない2年前の2019年1月にカナダのモントリオールで撮影されたという。その時点では、まさかその後にこのような世界的なパンデミックが到来することなど、関係者の誰も想像すらしなかったことだろう。

釈はもとより海外の映画作りに興味があったということで、ホラー映画という内容に戸惑いこそあったものの、快諾する形でオファーを引き受けたようだ。

「偶然にもこの悪夢のような世の中と重なるような作品になり、私も驚いています。(中略)私は妊婦を演じています。私自身、母となって最初の映画出演だったこともあり妊婦役に様々な思いが去来したことを思い出します。ひとり不安を抱え怯えながらも、お腹の子供との安住を守るために帰国しない決意をした彼女を、突然謎のウイルスが襲います。ぜひ劇場にて、この臨場感と恐怖をご体感ください」

とコメントしている。プライベートでも妊娠・出産を経たことで、妊婦役という役どころにも思うところがあったようだ。

釈由美子の結婚相手は誰?GACKTは元カレ?

過去にはGACKTとの熱愛の噂があった釈由美子。2014年に報じられた内容だ。報道によれば、釈とGACKTは10年近くにわたって肉体関係があったという。

しかし報道から半年ほど経った頃に、釈本人が疑惑をブログで否定した。なぜ半年ほど待ったのか理由は定かではないが、「連絡先も知らない」「写真もないのに何を根拠に?」といった、いわば常套句的な反論であった。

そこからほどなくして、2015年に結婚を発表した釈。お相手は、レストランなどを経営する実業家の男性だ。鎌倉に拠点をおき、東京・神奈川などを中心に数店舗構えるやり手オーナーだということだ。

そして結婚発表から3ヶ月後、翌年1月には第一子の妊娠を報告。同年6月には男児を出産したことを報告した。この4月に年中組に進級したという息子の写真については、顔こそ見ることができないが、姿をInstagramで確認することができる。

顔が変わった?現在の画像

釈由美子の出世作といえば、ドラマ『スカイハイ』(テレビ朝日系)だろう。”釈由美子といえば「おゆきなさい(劇中の台詞)」”というイメージがついた、霊能力者の主人公を演じた作品だ。

出典:テレビ朝日公式サイト

同タイトルの漫画をドラマ化した同作品では、グラビアアイドルから主演を張れるほどの女優へと見事な転身を遂げた釈由美子の姿が見られる。ポルノグラフィティによる主題歌「渦」が大ヒットしたことでも話題となった。

当時から「整形」疑惑のあった釈由美子だが、ここ数年でまた、「顔が変わってきているのでは?」と囁かれている。顔が変わり続けているという証言や、度重なる整形によって顔がでこぼことしている、崩れてきているなどといった指摘もある。

最近では結婚・出産を経ているためかメディアへの出演は少なくなっており、動いている釈由美子の姿を拝むにはそれこそ冒頭でご紹介した映画「ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染」のポスターやトレーラー動画を参照していただくのが一番確実なのだが、なにしろホラー映画であることも相まって、画面が暗く、わかりづらい。

そこで参照したのがInstagtam。しかしこちらも、画像加工が大いになされているためか、不自然に目が大きいなどの印象。釈由美子の顔がどれほど変わっているか、比べるにはいささか情報不足だ。

個人的な感想としては、今も昔も顔のつくりの根本は変わらない印象を受ける。もともと整形していたと言われればそれまでだが、ここ数年では、アンチエイジング程度に留まっているのではなかろうか。

下記に関しては、加工が強く、人形のような不自然な印象を受ける目に仕上がっている。自然に写っていても十分に美しいままではないかと思うのだが。

ということで、ちまたで騒がれている釈由美子の顔が変わり続けている件に関しては、どれだけ大きく変化しているのか、また信憑性がどれほど高いのかは定かではない。芸能人なので、アンチエイジングにいくら大金をつぎ込んでいたとしても驚きもしない昨今である。