広瀬すず映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で歌手CDデビュー!

 

岩井俊二監督の傑作ドラマがアニメ映画化され話題となっている「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に出演する女優・広瀬すずがCDデビューすることが発表され話題となっている。

アニメ映画化された「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の劇中で広瀬すずは、松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」を熱唱するという。

8月9日に発売されるオリジナルサウンドトラックに広瀬すずが初めてレコーディングに挑み熱唱した松田聖子の名曲「瑠璃色の地球」は、劇中の主人公・及川なずな名義で収録されている。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」あらすじ

出典:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか 公式twitter 画像

8月18日に全国公開されるアニメ化された映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、1993年にフジテレビ系で放送された岩井俊二監督のテレビドラマ作品で、1995年には映画も公開された。

ドラマ・映画では、奥菜恵・山崎裕太・反田孝幸・小橋賢児・麻木久仁子・蛭子能収らが出演し話題となった作品。

あらすじ
小学生の典道と祐介は仲の良い友達、実は二人とも同級生のなずなのことが大好きだった。しかしなずなの両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて二学期から転校することになってしまう。

両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて引っ越しするということに反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようと密かに賭けをする。

勝ったのは祐介か? 典道か? 勝負のあとから、異なる二つの物語が展開する物語。

アニメ化される映画のキャスト・主題歌・予告動画

出典:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか 公式twitter 画像

2017年8月18日に公開予定のアニメ化された映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、総監督に新房昭之氏、脚本は大根仁が担当している。ドラマ原作作品がアニメ化されるのは、今作が初となり話題を呼んでいる。

キャストには、ヒロインで両親の離婚に反対する少女・及川なずなの声を広瀬すず。なずなに恋いする島田典道を菅田将暉、安曇祐介を宮野真守が演じる。

なずなの母には松たか子、三浦先生役では花澤香菜、純一を浅沼晋太郎、和弘を豊永利行、稔を梶裕貴が演じる。

映画の主題歌は、原作ドラマで使用された「Forever Friends」をDAOKOがカバー。主題歌「打上花火」、挿入歌「Forever Friends」となっている。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 公式サイト

広瀬すずがCDデビューする「瑠璃色の地球」

広瀬すずがCDデビューする「瑠璃色の地球」と話題の「瑠璃色の地球」(作詞:松本隆)は、第28回日本レコード大賞(1986年)で最優秀アルバム賞を受賞した松田聖子の13枚目のアルバム「SUPREME」収録作。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」では、なずなとクラスメイト・典道のかけおちシーンで母がよく口ずさんでいたという「瑠璃色の地球」を披露している。

アニメ化され公開される映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、8月18日から全国公開予定。オリジナル・サウンドトラックは8月9日に発売され、価格は2800円(税抜き)となっている。

広瀬すず オフィシャルInstagram