注目キーワード

「あなたの番です」映画化!原田知世と田中圭のW主演ストーリーは?

2019年に日本テレビ系で放送されたミステリードラマ「あなたの番です」が、「あなたの番です劇場版」として映画化され、今年12月に公開されることが分かった。

これまでのドラマに引き続き、原田知世(53)田中圭(36)がダブル主演する。また、ドラマに引き続き西野七瀬が出演するのかなどにも注目が集まっている。

ドラマの続編ではなく、「あのとき違う選択をしていたら?」というパラレルワールドが描かれるということだ。

ドラマとは違うストーリーに注目

2019年4月~9月に日本テレビ系で放送され、ツイッターの世界トレンド1位を5度も獲得するなど、一世を風靡し社会現象となった連続ドラマ「あなたの番です」。

日本テレビで1994〜95年に放送された「静かなるドン」以来25年ぶりの2クール(半年)の連続ドラマとなった本作は、企画・原案を秋元康が担当した。映画版でも引き続き秋元康が担当する。

年の差新婚夫婦の手塚菜奈(原田知世)と、夫の翔太(田中圭)が引っ越したマンションで連続殺人事件に巻き込まれるサスペンスだ。

夫婦が引っ越してきたマンションで「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる様子が描かれたドラマでは、妻の菜奈が出席した住民会がきっかけだった。

主人公・菜奈が殺されてしまうなど衝撃展開の連続で、キャラクターの濃い登場人物たちや、亡くなってしまった大好きな妻・菜奈への想いを翔太が歌う主題歌「会いたいよ」なども話題を呼んだ。

物語にちりばめられた伏線から、だれが黒幕であるかを探る“考察”がSNSやYouTubeで大白熱したものだ。

このたび製作された映画版では、妻のかわりに夫の翔太が住民会に出席していたら…というパラレルワールドが展開されるという。撮影はすでに終了しているそうだ。

そのため、2クール(半年間)で放送されたドラマの前半で殺された菜奈が、映画では再び復活する。

公式サイトもすでにオープン

そんなこともあって、ドラマ版とは違った楽しみ方ができそうだ。映画化の話を受けたときには、脚本の秋元康は渋ったという。

「映画化の打診をされた時『う~ん』と考え込んでしまいました。続編といってもなあと、どう断ろうかと思案しているうちに、ふと思いつきました。『もしも、~だったら?』というもう1つの世界です。チームあな番からの新たな世界への招待状をお受け取りください」

と、映画化にも取り組むことになった経緯をコメントしている。

映画化発表前、上記のツイートが公式アカウントから投稿された時点で、ファンはざわざわ。

「これまでの写真じゃないってことは新たな企画?」「パネルがパズルになってるように見える」など、期待が高まった。

そして発表された映画化。上記の写真で「パネルがパズルになっている」という指摘があったのはお見事。このパネルの下に「映画化」の文字が隠れていたのだ。

この動画は公式サイト等で見ることができる。ドラマ版では死んでしまった原田知世演じる妻が生きていることに、ファンからも喜びのコメントが多数だ。

主演2人からのコメントも!出演者は誰?

出典:「あなたの番です」公式サイト

映画化が決まり、主演の2人は大喜びだったそう。原田は、

「緊迫した場面でも思わず笑ってしまうような『あな番』らしい恐怖と笑いの絶妙な緩急を楽しんでいただけると思います」

「もう1度翔太くんと新たな人生を生き直せることがうれしくて、映画の撮影を心から楽しみにしていました」

と話した。

また田中にとっても、プロデューサーによると撮影初日に原田との共演シーンに「菜奈ちゃんが生きてる…」と泣きそうだったというほど、思い入れのある作品のようす。

「台本を読んだ時、(映画の)2時間だともったいない! もう1回2クールやりたい! と思わずにはいられないほどに面白かったし、ワクワクしました」

と心を躍らせている。

ドラマでは乃木坂46の元メンバーの西野七瀬や、今をときめく人気俳優の横浜流星、お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸などが出演した同作品。

映画版での出演者はというと、主役の2人以外はまだ明かされていないようだ。今後の発表が待たれる。