俳優・馬場良馬が事務所を裏切って活動停止処分!所属事務所の対応とは?

 

「弱虫ペダル」のドラマなどで知られている馬場良馬が3ヶ月の活動停止処分を事務所が発表した。

馬場良馬は深く反省している様子だが、事務所の原則に反する行為がこのような結果を招いたようだ。

果たして馬場良馬がどのような理由で活動停止処分になったのかを見ていこう。

俳優・馬場良馬

出典:馬場良馬 ツイッター 画像

馬場 良馬(ばば りょうま)は1984年12月15日生まれの千葉県出身。

地元で事務所関係者にスカウトされて芸能界入りを果たした馬場良馬は、2008年4月に放送されたテレビドラマ、「東京ゴースト・トリップ」でレギュラー出演。これが馬場良馬の本格的な俳優デビューとなる。

2011年には映画「CRAZY-ISM クレイジズム」、「ゲキアツ〜真夏のエチュード〜」、2012年には「特命戦隊ゴーバスターズ」、2016年にはジェフユナイテッド市原・千葉の後援映画「U-31」など、様々なテレビドラマや映画で活躍している。

活動停止処分の真相とは

「馬場良馬が弊社に対して信義誠実の原則に反する行為が発覚したため2018年4月24日より3ヶ月間の活動停止処分にする」

と所属事務所であるときエンタテイメントが発表。