注目キーワード

アカデミー賞に草なぎ剛、渡辺謙、黒木華!長澤まさみも悲願で涙

『第44回日本アカデミー賞』の授賞式が今月19日、都内で開催され、各賞の受賞者が発表された。

授賞式の様子は当日、日本テレビ系にて放送された。最優秀作品賞が内田英治監督の「ミッドナイトスワン」に決定したほか、同作品で主役を演じた草彅剛が最優秀主演男優賞を受賞するなど、話題がもりだくさんだ。

草彅剛「マジっすか」驚き隠せず

出典:日刊スポーツ

栄えある最優秀主演男優賞を受賞したのは、最優秀作品賞に選ばれた「ミッドナイトスワン」でトランスジェンダーの主人公を演じた草彅剛だった。

内田英治のオリジナル脚本を実写化した「ミッドナイトスワン」は、トランスジェンダー女性として体と心の葛藤を抱えながら生きる凪沙を主人公とした物語。

彼女が、親からの愛を受けずに育った中学生・桜田一果と出会い、母性に目覚めていくさまを描いていく作品だ。

ブロンズを受け取ったのはプロデューサーの森谷雄。凪沙を演じた草彅剛は、同時に最優秀主演男優賞も獲得。ダブル受賞となった。

アカデミー賞に参加するのも今回が初めての経験だった草彅は最優秀作品賞の受賞に、

「マジか、いいんですか」「いや、あの、マジっすか。ごめんなさい。頭真っ白になってしまって」

と、驚きを隠せない様子。

「奇跡は起きるんだなって思いました」「あきらめたりしないで一歩ずつ、たまには振り返ることは人間誰しもあると思うんですけど、そこから少しでも進むといいことがあるんだなと思いました。本当に、この映画を愛していただいてありがとうございます」

と感謝の言葉を捧げた。また、最優秀主演男優賞の受賞にあたっても、「僕1人ではここまで来れなかった。これからも精進していく」と、作品作りに関わった人々へ感謝を述べた。

なお、本作では一果役の服部樹咲(はっとり みさき)が新人俳優賞を受賞している。自身のバレエ経験を活かした、素晴らしい演技を見せた。

長澤まさみも悲願達成で涙!

MOTHER マザー」(大森立嗣監督)で、初の最優秀主演女優賞に輝いたのは長澤まさみ。さっそくInstagramでも「ありがとうございました」と喜びを報告している。

初主演となった2003年「ロボコン」で受賞した第27回日本アカデミー賞新人俳優賞、2004年「世界の中心で、愛をさけぶ」および2020年「キングダム」での最優秀助演女優賞を受賞している長澤。

また、「モテキ」「海街diary」などでは幾度も優秀主演女優賞を受賞してきたが、今回ついに最優秀賞の栄冠を手にした。

「本当にたくさんの方に支えられなければ、映画作りはできないんだなと、去年、身に染みて感じました。きっと本当は作りたかった映画も、去年、作れなかった人たちもたくさんいると思います。そして映画も公開できず、先延ばしになっている人たちもたくさんいると思います」

と、コロナ禍での映画界に思いを馳せながら、涙で声を詰まらせながら語った。

「MOTHER マザー」では長澤は、男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子を体当たりで演じた。

内縁の夫でホストの遼を阿部サダヲ、息子の周平を新人の奥平大兼が演じ、夏帆、仲野太賀らも出演した。息子役の奥平も同作品で新人俳優賞を受賞した。

今回の日本アカデミー賞であわせて長澤は、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(田中亮監督)でも優秀主演女優賞を受賞した。

渡辺謙、黒木華も最優秀賞を受章

最優秀助演男優賞は、映画「Fukushima 50」の渡辺謙。最優秀助演男優賞は初受賞となる。実在の人物・吉田所長を演じた。

福島第一原発事故を描いた同作での受賞に授賞式では、「福島の皆さん、これどこかに飾っていただきたい」とブロンズを掲げた。

最優秀助演女優賞は「浅田家!」の黒木華(くろき はる)。今回の受賞は恋人役を演じた二宮和也のおかげだとし、

「改めて映画のありがたみや大事さを感じ、幸せを今すごく感じています。みなさんに素敵な作品で幸せを届けたい」

と今後への抱負を語った。黒木は同賞に関して、第38回、第39回に次いで3度目の受賞となった。また二宮も同作品で、優秀主演男優賞を受賞した。

話題賞には鬼滅の刃、小栗旬

また「話題賞」としては、俳優部門は「罪の声」の小栗旬。小栗は初の日本アカデミー賞となり、同作品による優秀主演俳優賞と併せての受賞となった。

同じく「話題賞」の作品部門では、アニメ映画の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(外崎春雄監督)が受賞した。最優秀アニメーション作品賞および最優秀音楽賞との同時受賞となった。

小栗旬は「鬼滅の刃」とならんでの受賞となったことに謙遜しつつ、

「ありがとうございます。とてつもなく大きな話題の作品(作品賞の劇場版「鬼滅の刃」無限列車編)のとなりにちょっと小ぶりな小栗旬ですが・・・」

と切り出し、笑いを誘った。

「この作品がどんなかたちで皆さんに受け入れてもらえて、自分はどういうかたちで話題になって、賞をいただいたのか、自分はなかなかこうピンとは来ていません。ですが、こんな状況の中、少しでも、誰かに寄り添って、勇気や元気や楽しい時間を提供できているところに自分という存在がもしいるんだったら、こんなうれしいことはないなと思っております。ありがとうございました」

と感謝の言葉で締めくくった。