スポンサーリンク

田中美奈子が居眠りバスに突っ込まれ大けが!右手ひざグチャグチャで撮影

スポンサーリンク

田中美奈子が事故で大けが!撮影のエピソードを語る

女優の田中美奈子(49歳)が、11月1日放送のバラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)に出演した。

この日放送された「中居正広のミになる図書館」では、40代の男女タレントが厄年についてエピソードを語りトークを広げていた。

そんな中、田中美奈子は、19歳のときに事故でグチャグチャに骨折したまま臨んだ水着撮影のエピソードを語り話題となっている。

右手骨折でひざグチャグチャの大けがを負った田中美奈子

203出典:sun music オフィシャルサイト 画像

田中美奈子は19歳のときに交通事故に遭ったと「中居正広のミになる図書館」で語り始めた。19歳だった田中美奈子は、当時千葉・船橋に住んでいたという。

友人に届け物があるため駅まで原付バイクで向かっていた田中美奈子は、

「居眠りバスに突っ込まれたんです。それでバーンって吹っ飛ばされて」

と、当時の事故の状況を語り。この事故で、「右手骨折でひざグチャグチャ」という大けがを負ったそうだ。

事故で大けがを負った田中美奈子だが撮影に挑む

大事故に合った田中美奈子だが幸い、命に別状はなかった。しかし、

「ちょうどそのときに、レナウンのイエイエガールっていうオーディションがあって(合格したばかりだった)。こんなことがあったら下ろされてしまう」

と、当時は思い、医師からは「3週間入院」と言われたものの「院長とケンカして次の日退院して、水着の撮影に行きましたよ」と壮絶な状況で撮影に挑んだという。

「右手骨折でひざグチャグチャ」の状態での水着撮影は、

「膝立ちで(膝のケガを隠し)、腕をこうやって(※手のケガが見えないように無理矢理後ろのほうに回すジェスチャー)、笑って」

と、大変な撮影だったエピソードを告白。しかし、その水着記事は

「小っちゃいのしか載らなかったの。週刊誌に」

と、明るく振り返った。