最新型「iPhone SE」スペックに価格と販売日。気になる注意点



米Appleが3月21日(現地時間)に開催したイベントで、最新型iPhone「iPhone SE」を発表した。iPhone SEは「iPhone 6s」と同等のスペックを持つ一方、4型へ小型化されたモデル。

外観は「iPhone 5s」に似ている。

最新iPhone「iPhone SE」

CeGUyrtWAAEnyz6出典:Twitter

日本での発売は3月31日になるようだ。4型(640×1136ピクセル)へと小型化され、Retinaディスプレイを搭載している。外観はほぼ「iPhone 5s」で、スペックは「iPhone 6s」相当となっている。

「iPhone 5s」の形をした「iPhone 6s」という感じだろうか。「iPhone 6s」が少し大きいと感じていた女性にはかなりオススメである。

「iPhone SE」のOSはiOS 9.3がプリインストールされており、プロセッサは64ビットの「A9」と「M6」コプロセッサ
指紋認証ができる「Touch ID」が搭載されている。

アウトカメラは4K動画が撮影可能な1200万画素。インカメラは120万画素で、720pのHD動画撮影や、画面を白く光らせることで被写体を明るく撮影できる「Retina Flash」に対応している。NFCをサポート、Apple Payが利用可能。

CeFthzsUAAAcRg9出典:Twitter

「iPhone SE」本体サイズは、58.6(幅)×123.8(高さ)×7.6(奥行き)ミリ重さは5sより1グラム重い113グラム。LTEが下り最大150Mbpsに対応し、「VoLTE」も対応している。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/acをサポート。最近販売されたスマートフォンでは小型だが高性能。

ストレージは16GBと64GBの2種類で、価格は16GBが5万2800円、64GBが6万4800円(※いずれもSIMロックフリー版で税別)。カラーバリエーションは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色となり、価格は16GBが399ドル、32GBが499ドル。

「iPhone SE」の注意点

CeFtRIbUkAA8hhW出典:Twitter

「iPhone SE」を購入するなら64GBをオススメする。16GBではアプリインストール、音楽、4K動画などで早々に容量不足になってしまうからだ。

現在、「iPhone 6s」の128GBバージョンを使用している方が、「iPhone SE」へ変更する時、64GBバージョンが最大なので注意が必要だ。

「iPhone 6s」が大きいと感じたり、少し安いiPhoneが欲しいと思っている。2台目、通話やポケットに入れて持ち運び方には最近のスマートフォンより小型な「iPhone SE」がおすすめであると思う。