小出恵介が週刊誌スクープで出演ドラマや映画やCMが自粛!その内容と違約金は数億円?

 

小出恵介が週刊誌スクープで無期限の活動停止

テレビドラマ・映画などで大活躍している人気俳優・小出恵介(33)が、未成年女性と飲酒・不適切な関係を持ったとして、無期限の活動停止になったと8日に所属事務所のアミューズが発表。

小出恵介が、未成年の女性と飲酒し、さらに不適切な関係を持ったと9日発売予定の週刊誌スクープが原因だという。小出恵介が所属している事務所のアミューズが、事情を聴いたところ事実と確認され無期限の活動停止になったという。

未成年女性と飲酒・不適切な関係を持ったとして、無期限の活動停止することとなった小出恵介は、今回の経緯を所属事務所のアミューズを通じ、

「自覚の低さ、自分自身への甘さが招いたことであり、弁解の余地はございません。今後は、全てのご批判や処罰を真摯(しんし)に受け止め、私自身の取るべき責任を果たしていきたいと思います」

などと記した謝罪文を公開した。

小出恵介が未成年女性と飲酒・不適切な関係で出演ドラマや映画やCMが放送中止・契約解除

出典:twitter画像

俳優・小出恵介といえば、人気俳優としてテレビや映画、CMで大活動しており、今回週刊誌でスクープされた未成年女性と飲酒・不適切な関係を持ったとして無期限の活動停止の発表にかなりの影響が広がった。

NHKは、10日から総合テレビで放送予定の土曜ドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」(全6話)に主演を務めていた小出恵介の無期限の活動停止に放送を取りやめることが決定された。

日本テレビでは、7月から放送予定のドラマ「愛してたって、秘密はある。」に出演予定だったが、今回の週刊誌スクープで降板が決定。

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」 公式サイト

吉本興業制作の動画配信大手のNetflixで7月から配信予定の明石家さんまさん企画・プロデュースドラマ「J immy~アホみたいなホンマの話~」(全9話)にさんまさん役で出演していた小出恵介の無期限の活動停止によって、吉本興業が所属事務所と配信について対応を協議中。

すでに撮影を終えている来年春公開予定の映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」にも出演している小出恵介の影響で、配給のKADOKAWAは公開については製作委員会で協議中だという。

小出恵介は、昨年4月から森永乳業のコーヒー飲料「マウントレーニア」のCMに出演していたが、週刊誌でスクープされた未成年女性と飲酒・不適切な関係を持ったとして無期限の活動停止を受け、森永乳業は契約解消の方針を決めたという。

小出恵介の週刊誌スクープによる損害賠償額は億単位に!アミューズの株価は下落

大人気俳優・小出恵介が未成年との飲酒・不適切な関係を認め無期限活動停止処分となったことで、出演ドラマや映画やCMが放送中止・契約解除され、違約金などの支払いなどに不安を感じたせいか、8日午後には所属事務所の株価も下落した。

現在のところ、小出恵介が未成年との飲酒・不適切な関係というスクープによる損害額が合計いくらになるか、事務所も見当がつかず顔面蒼白になっているといわれている。

来春公開予定の映画は撮影済みということもあり、もしもお蔵入りとなればテレビドラマやCMの違約金を含めて3億円以上の損害が発生する可能性もあるといわれている。今後の発表に注目したい。