スポンサーリンク

「欅坂46」衣装がナチス・ドイツ制服酷似と世界中で炎上に著名人が反撃

スポンサーリンク

「欅坂46」衣装がナチス・ドイツ制服酷似と世界で批判

人気アイドルグループ「欅坂46」の黒い衣装がナチス・ドイツの制服に酷似していると海外メディアの報道で世界中で批判・話題となっている事に著名人がtwitterでコメントした。

話題となっている「欅坂46」の黒い衣装がナチス・ドイツの制服に酷似というのは、10月22日、横浜アリーナでハロウィーンに合わせたライブイベントに「欅坂46」が出演。

横浜アリーナでハロウィーンに合わせたライブイベントではナチス・ドイツでも使われたクロワシに似た紋章を付けた黒い帽子、幅広い襟の黒のマントで登場した「欅坂46」。

グループのメンバーのブログに黒い衣装のナチス・ドイツの制服に酷似した服を着た画像が投稿された。

「欅坂46」衣装がナチス・ドイツ制服酷似衣装に

cppldmzvyaa0gjq出典:twitter画像

「欅坂46」の横浜アリーナでハロウィーン公演後にTwitterでは、「欅坂46」のメンバーがこのような衣装を選んだことについて

「世界に対し、恥ずかしいよ…」

などと批判の投稿が相次いだ。twitterではこのナチス・ドイツの制服に酷似した衣装を着たメンバーの画像とナチスの制服を並べた写真がアップされるなど炎上状態に。

イギリス大衆紙のデーリー・ミラーとデーリー・メールはこのニュースを伝え、「欅坂46」の衣装がナチスの制服に似た衣装となったのは「偶然」とされていると報じた。

「欅坂46」の所属事務所は朝日新聞デジタルによると、

「担当者が不在で、現時点ではコメントできない」

としている。

「欅坂46」衣装がナチス・ドイツ制服酷似衣装に著名人がコメント

「欅坂46」の黒い衣装がナチス・ドイツの制服に酷似と炎上している事態に、脳科学者の茂木健一郎と落語家の立川志らくはtwitterで次のような投稿をした。

と、「欅坂46」の黒い衣装がナチス・ドイツの制服に酷似問題に海外で批判されたからと言って騒ぐ前に先に日本のメディアが問題提起すべきとコメントしている。

ヨーロッパでは、ナチスを肯定するような服装や、ナチス式の敬礼をすることに厳しい目がある一方でナチスのパロディが英国ではいくらでもある。

海外の報道に振り回される事無くナチスを肯定的に扱うのでない限り、目くじら立てる必要ないかなという脳科学者の茂木健一郎の見解に賛同の声が相次いでいる。