星野源「おげんさんといっしょ」がNHK紅白歌合戦と同レベル!ツイートは3倍以上



星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」がNHK紅白歌合戦と同レベル

NHKの放送総局長会見が24日に行われ、今月4日に放送された星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」が毎年年末恒例のNHK紅白歌合戦並の反応があったという。

放送総局長会見が開かれたNHKでは、デジタル担当者が紅白歌合戦並の反応があったと振り返ったという。デジタル担当者の見解は、

「公式ツイッター等で事前に星野源さんの動画などを配信しまして、放送前からツイッター等で盛り上がっていた。放送中もかなりリツイートで相当拡散されました」

と、話題となった星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」の放送を振り返った。NHKのデジタル担当者の体感的な反響の印象として、

「紅白歌合戦並といっていいんじゃないかというぐらいの、ツイッター上での大きな反応があった。(放送)時間とか1回きりの番組という意味では大きかったと思います」

と24日に開かれたNHKの放送総局長会見でデジタル担当者が話したという。

話題となった星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」ツイッターはNHK紅白歌合戦の3倍

出典:「おげんさんといっしょ」 公式ツイッター 画像

星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」では放送開始前にツイッターの公式アカウントを開設し、4月24日に最初の投稿を行ったという。

「おげんさんといっしょ」放送翌々日の5月6日にはフォロワー数は12万あまりにまで膨れあがり、21件の投稿を行った公式ツイッターは平均リツイート数は驚異の9500件だったようだ。NHKの広報局は、

「NHKの公式ツイッターアカウントの数は152ありますが、フォロワー数は、10番目の多さとなります。単体の1回限りの番組としては異例の数字です」

と、わずか1回の放送でここまでフォロワー数が伸びたことは異例だった説明。星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」の放送中1分あたりの平均ツイート数で見ると約2000だといい、これは昨年行われた大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」の3倍以上だったと発表された。

星野源の音楽番組「おげんさんといっしょ」

星野源初のNHK音楽番組「おげんさんといっしょ」は、一家の母親・おげんさんに星野源がふんして音楽を楽しむという内容。放送が終わってからネット上などでは絶賛の嵐となた。

星野源が一家の母親・おげんさんにふんし進行される音楽番組ということで、注目が集まっていた。放送初回を迎えその世界観は特殊で、NHKの人気番組「おかあさんといっしょ」を連想する番組名に、星野源の衣装や昭和時代を思わせるセットに癒やされる。

さらに、おげんさん夫役に高畑充希、長女役に藤井隆、長男役に細野晴臣と年代や性別を完全に無視したキャストに話題となった。午後10時50分からの1時間番組で、視聴率は3、8%(ビデオリサーチ日報調べ、関東地区)と、同時間帯でとりわけ高いわけではないが、ツイッターなどでのネット上の反響が特に大きかった。

NHK音楽番組「おげんさんといっしょ」 公式サイト