ワンオクtakaこと森内貴寛のしつけを歌手・森昌子が語る!父・森進一の教育



歌手の森昌子(58)が8日に日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演。息子のロックバンド『ONE OK ROCK(ワンオク)』のTakaこと、歌手の森進一・森昌子夫妻(2005年離婚)の長男の森内貴寛(28)ら3人の子育て秘話などを語った。

歌手の森進一・森昌子夫妻(2005年離婚)の間に生まれた長男、次男(年子)、三男(その4年後)に生まれた事もあって、3人の育児を一手に引き受けていた森昌子は

「もう上から1番、2番、3番と呼んでいて…もう3人もいたら余裕ありませんから」

と、歌手の森進一との間に生まれた長男の『ONE OK ROCK(ワンオク)』のTaka、次男(年子)、三男(その4年後)と子供が小さいときは嵐のような生活を送っていたという。

ワンオクtakaこと森内貴寛のしつけを母で歌手・森昌子が語る

出典:twitter画像

2005年に離婚した森昌子自身が祖父母に育てられ甘やかされて育ったため、引っ込み思案で内向きな性格であったという。

それを反面教師に森進一との間に生まれた長男の『ONE OK ROCK(ワンオク)』のTaka、次男(年子)、三男(その4年後)たちのしつけは厳しく

「ビシバシいかないといけなかった。いまでも3人とも敬語です」

と、息子たちの言葉使いをはじめとする生活態度・しつけには十分気を配ったそうだ。息子たちの幼少期には食事中に使っていたスプーンを放り投げてしまうことを見たことを振り返り、スプーンを輪ゴムで手に縛りつけ、離れないようにしたエピソードを8日に生出演した日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で披露。

左手ばかりを使っていた次男には、右利きに矯正するために食事中に左手をイスに縛りつけるなど妥協はなし。少しやり過ぎとも思えるようなことにも森は

「今のうちに直さないとだめだと思ってくくりつけました」

と、歌手の森進一との間に生まれた長男の『ONE OK ROCK(ワンオク)』のTaka、次男(年子)、三男(その4年後)への厳しすぎるとも思えるしつけについて説明した。