宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」が大反響なわけとは



宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」配信

CgFDryeUAAADsYe出典:twitter画像

宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」が4月15日に配信スタート。新曲としては2012年11月に配信限定発売の「桜流し」以来約3年半ぶりだ。

2010年に宇多田ヒカルは「アーティスト活動」の休止。そして「人間活動」すると発表。それから5年が立ち新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」が配信された。

再び音楽の世界に降臨した歌姫宇多田ヒカル。「人間活動」で得たものとは何か、果たしてどこへ進んでいくのか? 最新曲を通して宇多田ヒカルの伝えたかったこととは。

関連記事

宇多田ヒカル新曲「花束を君に」公開「とと姉ちゃん」主題歌歌詞が話題に

2016.04.04

宇多田ヒカルの復帰第一弾は朝ドラ主題歌「花束を君に」音楽活動再開

2016.03.10

宇多田ヒカルの新曲で見える変化

CgE-HlUUEAAdhF6出典:twitter画像

デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったそうだが、自身は生粋の日本人と公言。2000年頃の日本のR&Bブームに大きな影響を与えた宇多田ヒカル。

日本の音楽史上、最多の売り上げを記録した『First Love』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占。

「花束を君に」(NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌)と「真夏の通り雨」(日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマ曲)を皆さんも聞いただろうか?

その歌声を聴いて感じる第一印象は「歌声の柔らかさ」。シンプルなアレンジに心に響く歌唱。

2012年の「桜流し」を発表後、「人間活動」中に宇多田ヒカルは“母”となった。その経験は彼女の音楽に大きな変化をもたらしたことがうかがえる。

ネットやtwitterでも、

「お母さんって声に変わってて印象が全然違っててちょっとびっくり」

「天才少女が天才お母さんになったなーって実感」

といった声がたくさん寄せられていた。歌声にはキレがあり、日本人離れしたグルーブと結びついて多大なインパクトを植え付けていた宇田ヒカル。

今作では聞いている人を包み込むような懐の大きさとたくましさ、母のような優しさを兼ね備えた“大人の女性”の声が非常に心地いい。

被災者の心にも宇多田ヒカルの新曲が深く浸透

Cfmlm-KUIAAAp3N出典:twitter画像

「花束を君に」についてツイッターでは、

「何度聴いても涙が止まらない」

「温かく、寂しい歌」

「死の歌だと気づいたときの衝撃」

「始まりの一行が胸に刺さってしょうがない」

などのツイートがたくさん書き込まれている。新曲「花束を君に」の歌詞を読み込めば読み込むほどに胸に熱いものがこみ上げてくるというこの作品。

限りない“慈愛”が満ち、大人の女性へとなった宇多田ヒカルが“等身大”のままで語りかけ、聴く者は温かいものに包まれ、感動の波に飲まれる。

「人間活動」を優先するという宣言から5年。新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」が配信され、限りない“慈愛”が満ち母としての表現を手に入れた宇多田ヒカルの今後の活動に注目だ。

楽天市場 宇多田ヒカル