志村けんブログ更新後急変?肺炎で緊急入院!舞台は中止に

 

タレントの志村けん(66)が肺炎のために舞台のため訪れていた大阪市内の病院で緊急入院したことが19日発表された。

この日は大阪・新歌舞伎座で初日となる座長公演「志村魂(シムラコン)」に出演していたが、志村けんは舞台終演後に体調不慮を訴え大阪市内の病院にそのまま直行、緊急入院することとなった。

志村けんの舞台関係者によると、志村けんは名古屋公演を終えて一度、帰京した際に体調を崩したそうだ。17日に都内の病院で肺炎の診断を受けていた。

舞台初日となる19日は高熱のため車椅子に乗りながら点滴を受けるほど体調不良だった志村けんだったが、出演を決断。

共演のダチョウ倶楽部や大場久美子(56)、磯山さやか(32)らとの舞台を普段通りに務め上げた。

志村けんの緊急入院に

CqOiUl4UsAAUnYS出典:twitter画像

志村けんの緊急入院に舞台関係者は「年齢的なこともありますし、かなり無理をされていたようです」と、肺炎にもかかわらず舞台に出演したことを指摘。

舞台後入院することとなった大阪の病院でも医師から「出演は困難」と診断され、20日と最終日となるあす21日の同劇場での公演中止に。

大阪公演初日の舞台を見た観客は、「テレビでいつも見ている通りで元気そうに見えたのですが」と話し、志村けんの体調不良には全く気付かなかったという。

志村けんは15日にブログを更新し、その際に出演者やスタッフとの食事会の写真をアップするなど元気な様子を見せていた。