太川陽介が大嫌い蛭子能収ともに『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』卒業その舞台裏

毎回色々なゲストと一緒にバスを乗り継いでゴールを目指す大人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)。しっかり者の俳優・太川陽介(57)と、マイペースな漫画家・蛭子能収(69)のやり取りが視聴者の心を掴み、常に高視聴率をマークする大人気番組。

今回の2017年1月2日に放映される第25弾をもって『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の顔ともいえる2人太川陽介・蛭子能収が卒業することになった。

「かつては『死ぬまで旅を続けよう!』って話していたんですが、最近はよく道を間違えたり、疲れてバスの中でボーッとしてしまったり……。もうすぐオレも70歳。さすがに3泊4日のロケは体がキツい。」

漫画家の蛭子能収はもうすぐ70歳を迎えるにあたり身体の限界を感じていたそうだ。しかし、

「でも太川さんに『番組を降りたい』と言ったら、ひどく怒られるんじゃないかと思って、言い出せなかったんです……」

今やテレビ東京の看板番組となった、しっかり者の太川陽介と、マイペースな蛭子能収が毎回ゲストとともにバスを乗り継いでゴールを目指す『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』。蛭子能収の代名詞番組から卒業することとなった。

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を支えた太川陽介と蛭子能収が、2017年1月2日に放映される第25弾をもって“卒業”することになった。もしかして太川陽介と蛭子能収との確執が?とネットでは話題となっている。



蛭子能収が振り返る太川陽介との番組の舞台裏・思い出

出典:twitter画像

最初に『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の企画内容を聞いたときは、ほかの旅番組と同じように気楽なものだろうと思っていたという蛭子能収。が、第2弾の『東京〜京都編』でゴールに向かっていたときに、ディレクターから『このままでは京都にたどり着けません。スタッフの車に乗りましょうか?』と言われたそうだ。

しかし、生真面目な太川陽介が『ルールどおりで!』と譲らなかったという。案の定、第2弾の『東京〜京都編』はゴールできずに終わり。目的地に着かない旅番組なんて、ありえない展開だろうと思ったそうだ。

太川陽介は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』移動中バスの中でよくトランプをやりたがるそうだ。最後に『ドボチョコリン!』とか叫ぶすごくつまらないゲームと蛭子能収。

「勝つまで終わらない。そんな太川陽介の子供っぽいところが大嫌いでしたね(笑)」

と語ったそうだ。ロケ先でいちばん記憶に残っている車窓の風景は第17弾『山口市〜室戸岬編』での秋吉台の景色だそうで、カルスト地形の岩がいっぱいある山の上をバスが走るのは絶景だったという。

そんな大人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』太川陽介と蛭子能収で見られるのは、2017年1月2日で最後になる。

蛭子能収から太川陽介へ「もう辞めたい」と相談に

蛭子能収は6月放送の第23弾のあと、太川陽介へ大人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を辞めたい相談しに行ったようだ。

『体と頭がキツい、もう辞めたい』

何を言われるかとヒヤヒヤしたそうだが、

『僕も25弾で終わるのが、キリがいいなと思っていました』

と、蛭子能収を気遣い太川陽介は一緒に番組を『卒業したい』ということとなったそうだ。蛭子能収は、最近別の旅番組でロケに行くと、現地の人に

『あれ、太川さんは?』

と言われることがあるそうで、それがとても嬉しかったと語っている。2017年1月2日に放映される第25弾をもって卒業となる2人のやりとりが見られなくなるのが寂しいとネットでも声が上がっている。