スポンサーリンク

益若つばさ昔の事故で歯がぐちゃぐちゃに笑うのがコンプレックス

モデル・タレントとして活躍中の益若つばさ(30)が、歯を出して笑うことができないというコンプレックスをtwitterで明かした。

益若つばさは19日に自身のtwitterで

「昔は甘くない少年みたいな顔がコンプレックスで、必死にたれ目にたれ目にってメイクを濃くして誤魔化してた」

と、自身の劣等感コンプレックスについてツイート。益若つばさはコンプレックスに続けて

「私は10代の時に交通事故にあって歯がぐちゃぐちゃになっちゃったから笑うのが苦手なの」

と、歯がぐちゃぐちゃになった昔の事故があると明かし、

「だから笑顔が不自然とかなんで歯出して笑わないのとか言われて私も昔みたいに心から笑いたいよ」

と、心の思いをつづったツイートをした益若つばさ。

スポンサーリンク

昔の事故以降歯科で治療を続ける益若つばさ

css7hduuaaaynk5出典:益若つばさ 公式twitter 画像

益若つばさは昔の事故以来10年以上にわたって色々な歯科に通いながら治療を続けているという。

「まだまだコンプレックスだから今はまだあんまり上手く笑えないけど、いつの日か克服できて気にしなくなれたらとびきりのスマイルを毎日お届けするわ」

と、前向きな思いをつづった益若つばさだった。この益若つばさ昔の事故で歯がぐちゃぐちゃで笑えないというツイートに

「自分もそうだから、もの凄く共感できる」

「 歯を出して笑えない気持ちわかります。」

「私も自分の笑顔があまり好きじゃなくて、写真の時はいつも全力で笑えなくて同じ事を言われます。」

「今ならすごく気持ち分かりますよ。」

「大変でしたね、そしてよく頑張ったと思います。そんなあなたの笑顔は世界一だと思います。」

「 今の笑顔とても素敵ですよ!」

などと、共感・励ますツイートが相次いでいる。