キャイ~ンのウドと天野にコンビ解散危機!雪だるま式に増えた借金その理由

2日に放送された明石家さんまが司会を務める「痛快!明石家電視台 正月SP」(毎日放送)で、キャイ~ンのウド鈴木が、自身が原因でコンビ解散危機があったことを明かし話題となっている。

「痛快!明石家電視台 正月SP」では「実際どうなん!? 結成20年以上コンビ大集合」という企画で、撮影スタジオにはキャイ~ンや雨上がり決死隊、中川家といった結成20年以上のお笑いコンビ8組16人が集まった。

「実際どうなん!? 結成20年以上コンビ大集合」では、結成20年以上のお笑いコンビが各コンビにまつわるエピソードを披露。

「今だから相方に謝りたいことがある」というテーマで、キャイ~ンのウド鈴木が若かりし頃に多額の借金を背負ってしまい、コンビの解散の危機になってしまったと告白した。



キャイ~ンの解散危機!ウド鈴木の借金その理由

出典:twitter画像

キャイ~ンのウド鈴木の相方・天野ひろゆきによると、当時のウド鈴木は「大人のお店」に大ハマりしていたそうで、消費者金融で借金をしてまで「大人のお店」へ通いつめていたという。

借金が雪だるま式に増え返済できなくなるまでお金を借り続けたウド鈴木は、キャイ~ン所属事務所の浅井企画に泣きつき、借金を立て替えてもらったのだそう。

「もう2度と借金はしない」

と、その時に社長と専務そして相方の天野と約束を交わしたのだという。ところがその1年後、ウド鈴木は懲りずに再び数社から借金をしてしまった。中には、大手の貸金業者ではない借り入れも。

キャイ~ン所属事務所の浅井企画に泣きつき、借金を立て替えてもらってから1年で、またも借金が雪だるま式に増えたウド鈴木は、再び事務所に泣きついたそうだが、そんなウド鈴木にキャイ~ン相方の天野は

「もうダメだぞ!金を借りてお世話になった人を裏切って、これがどういうことか分かるか?。もう絶対に借金するな! 今度借金をしたら、コンビ解散だ!」

と、本気で怒りコンビ解散の危機を迎えたのだという。酒やギャンブルを一切しないウドの借金は400万円にもなっていたということに驚いた相方の天野は、

「『ウドちゃん、なんでこんな借金になったの?』って聞いたら『お店に100回行って、1回4万円のお店』って。ピッタリ400万円なんですよ!」

と、「大人のお店」に行くためだけに借金を重ね、雪だるま式に増え返済できなくなるまでなっていたことをバラしていた。

キャイ~ン ウド鈴木・天野ひろゆきプロフィール

ウド鈴木(本名:鈴木 任紀(すずき ひでき))1970年(昭和45年)1月19日 生まれ。山形県鶴岡市(旧東田川郡藤島町)出身でキャイ~ンではボケ担当。「ウドちゃん」の愛称で呼ばれている。山形県立庄内農業高等学校卒。

天野ひろゆき(本名:天野 博之(あまの ひろゆき))1970年(昭和45年)3月24日生まれ。愛知県岡崎市出身でキャイ~ンではネタ作り・ツッコミ担当。日本大学国際関係学部卒。

キャイ~ンのウド鈴木・天野ひろゆきは2人共にお笑い芸人として浅井企画に入る。同い年の2人だが、ウド鈴木の方が1年先に浅井企画の事務所入りしている。

当初はそれぞれ別々にコンビを組んでいたキャイ~ンのウド鈴木・天野ひろゆきだが、解散・単独活動を経て、山中伊知郎の助言により1991年にキャイ〜ンを結成。

キャイ〜ン独自の笑いのスタイルを作り上げ、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)の若手新人芸人ネタを披露するコーナーで、人気・知名度が急上昇。

登場する時に行う「キャイ〜ンポーズ」も当番組で一般によく知られるようになり、現在は数々のバラエティ番組に出演中。