小林麻央の乳がんを知ったと思われる時期にの姉・小林麻耶ブログに注目が

 

乳がんについて小林麻耶がブログでコメントしていた

CkdjZrIUYAEAexl出典:twitter画像

フリーアナウンサーの小林麻央(33)が乳がんを患い闘病中であると夫の市川海老蔵(38)が東京都内で記者会見を開いたことで、市川海老蔵の妻・小林麻央の姉である小林麻耶(36)の過去のブログ記事に注目が集まっている。

小林麻耶は約9か月前に自身のブログにて、さりげなく乳がん検診の受診を呼びかけていた。市川海老蔵によると、小林麻央の乳がんが発覚したのは1年8か月前だそうだ。

姉の小林麻耶は、小林麻央の病状を知った上でブログを書いたとみられると注目が集まり、ファンから「妹思いだ」「胸が苦しい」といった声が小林麻耶のブログに寄せられている。

市川海老蔵の都内で行われた会見では、妻・小林麻央の乳がんを公表した。その中のコメントで、

「家族一丸となって麻央をバックアップしている中、麻耶さんも一生懸命(麻央さんの病気を)隠しながら、一生懸命お仕事をして、この1年間すごく大活躍されている」

と語っていた。姉の小林麻耶は、6月1日から体調不良を理由に活動を休止している。

関連記事[kanren postid=”1275″]

姉の小林麻耶のブログでは

CkdPw4rUUAEqKST出典:twitter画像

小林麻耶は15年9月23日のブログにて、乳がんに関する記事を投稿していた。この乳がんに対するコメントはタレント・北斗晶の右乳房全摘手術に触れ、

「皆さんは乳がん検診受けていますか?日本では12人に1人が乳がんになっています。女性の皆さん、自分を守るため検診に行きましょう。男性の皆さん、大切な女性を守るため『検診に行ってね』とぜひ伝えてください」

と綴っていた。映画「余命1ヶ月の花嫁」の主演女優・榮倉奈々さんへのインタビューがきっかけで、自身も乳がん検診に通うようになったと明かし、

「マンモグラフィー(乳房のX線撮影)は相当痛いと聞いていたし、怖いし、恥ずかしいと検診を受けることを躊躇していましたが、『病気になったらもっと痛いし、怖いよ』と言われ、受ける勇気を持つことが出来ました」

とコメントしていた。このときのブログでは乳がんで闘病中の北斗晶との関わりで語られていたこの記事。しかし、今回の市川海老蔵の会見で妻・小林麻央の乳がんが1年8か月前に発覚し、姉の小林麻耶は妹の病気を隠し続けて活動していたと明かされ、改めてブログのコメントに注目が集まった。

時系列的を考えると、姉の小林麻耶は妹・小林麻央の乳がんを知った上でこのブログ記事を書いたと考えられるからだ。