ドラマ「ゆとりですがなにかSP」が7月2、9日放送決定!あらすじ・キャスト・動画・再放送まとめ

 

2016年4月17日~6月19日の間、毎週日曜日22時30分~23時25分の時間帯で日本テレビ系にて放送されたドラマ「ゆとりですがなにか」がSPとなって7月2日と9日に放送されることが発表された。

SPとなって帰って来たドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」の放送日が7月2・9日に決定し発表され、同時にゲスト出演者も発表。

岡田将生が演じる主人公の坂間正和、松坂桃李が演じる山路一豊、柳楽優弥が演じる道上まりぶ、安藤サクラが演じる正和の妻・茜、太賀が演じる山岸ひろむらの1年後の姿が描かれている。

今回、ゲスト出演として発表されたのは蒼井優。松坂桃李演じる山路一豊と再会する中学校時代の同級生・笠木久美役を演じる。松坂桃李が演じる山路一豊の初恋の相手役となる。

昨年2016年4月17日~6月19日に放送された宮藤官九郎脚本のドラマ「ゆとりですがなにか」のスペシャル(SP)版となる今作に注目が集まっている。

SP版ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」 公式サイト

ドラマ「ゆとりですがなにか」とSP版のあらすじ・キャスト

出典:ドラマ「ゆとりですがなにかSP」 公式twitter 画像

2002年授業内容削減や週5日制など教育改正以後の教育「ゆとり教育」といい、ゆとり教育で学生生活を過ごした世代のことをゆとり世代という。

あらすじ
1987年生まれ「ゆとり世代」と言われる主人公・坂間正和(岡田将生)と、恋人・宮下茜(安藤サクラ)の結婚式を迎え、山路(松坂桃李)もまりぶ(柳楽優弥)もそれぞれの未来へ踏み出していった。あの日から1年。

お嫁さんとなった茜、兄夫婦には第一子が誕生と賑やかになる坂間家。脱サラした正和は兄とともに、亡き父が残した酒蔵を切り盛りしていけるのか?坂間家に嫁入りした茜が、旦那の正和に隠しているある秘密が・・・

キャスト
1987年東京生まれで郊外(東京都内の端)にある坂間酒造の次男である主人公の坂間正和を演じるのは岡田将生。同世代である都内の阿佐ヶ谷南小学校4年2組担任の教師の山路一豊を松坂桃李が演じる。

名門中学に主席合格しながらも大学受験に失敗し11浪中の道上まりぶを柳楽優弥。正和と同期入社で杉並世田谷地区の店舗統括責任者である宮下茜を安藤サクラ。

ゆとり世代で入社2年目で正和の説教に対しパワハラを主張して法的脅迫を含む苛烈な反撃をした山岸ひろむを太賀。正和の妹で就活中の意識高い系大学生だが、失敗続きで自信を失くしている坂間ゆとりを島崎遥香。

ドラマ「ゆとりですがなにか」の再放送は、Huluで見ることができる。

ドラマ「ゆとりですがなにかSP」予告動画

YouTube