松岡修造に大ブーイング?ドラマ「陸王」で数秒出演にネット騒然!引っ張りすぎ



12月10日午後9時から第8話が放送されるた池井戸潤氏の原作で役所広司主演の人気ドラマ「陸王」(TBS系)。

注目されているだけに視聴率は、初回~第4話が14から15%台となっているようで、第5話は16.8%、第6話は16.4%、第7話は14.7%と好調となっている。

そんなドラマ「陸王」がネットで大ブーイングを受けることとなった。

松岡修造が陸王で大ブーイング

出典:ドラマ「陸王」 公式ツイッター 画像

ネットで大ブーイングとなっているドラマ「陸王」は、第6話放送直後の次回予告映像に、松岡修造が登場して話題となっていたところから始まった。

ドラマ「陸王」に出演する松岡修造の役どころは老舗足袋業者・こはぜ屋の買い取ろうとしているフェリックスの社長。

しかし、6話終了時の予告では松岡修造がキーマンのような予告だったのだが、第7話では最終シーンに数秒映っただけで台詞はなしだったのだ。これにはネット上で、

「修造を出し惜しみしてるんじゃねーよ」

「予告映像に映ってたのに、修造が全く登場しなかったじゃん!」『

「修造をもったいぶるのやめろ」

といった声が上が多く上がっり話題となった。ドラマ「陸王」でキーマンと思われる松岡修造の今後の動向に期待したい。

ドラマ「陸王」 公式サイト

ドラマ「陸王」 あらすじ

出典:ドラマ「陸王」 公式インスタグラム 画像

埼玉県行田市にある創業から100年の歴史をもつ老舗足袋製造会社「こはぜ屋」。近年は業績が低迷し資金繰りに悩んでいた。

主人公の宮沢紘一(役所広司)は、老舗足袋業者・こはぜ屋の四代目社長として日々奮闘し、年々先細る足袋の需要から資金繰りに悩んでいた。

そこで新規事業への参入を考え、足袋製造でこれまで培った技術を活かし裸足感覚を追求したランニングシューズ「陸王」の開発を始めることとなった。

開発された陸王を履いて「ニューイヤー駅伝」に出場した実業団ランナー・茂木(竹内涼真)が大活躍をしたものの、売り上げが思いのほか伸びず、宮沢紘一は肩を落としていた。

第8話で松岡修造がついに

松岡修造の出し惜しみとなる意外なところで大ブーイングとなり話題となったドラマ「陸王」、注目の中第8話が放送された。

「陸王」の為に必要なシルクレイ製造機の修理費・1億円を工面する手段として、老舗足袋業者・こはぜ屋の四代目社長の宮沢紘一(役所広司)に坂本(風間俊介)から、こはぜ屋を売らないかという思いもよらぬ提案がだされた。

もちろん宮沢紘一は老舗ののれんを売るわけにはいかないと一蹴。しかし、解決策が見つからないまま「陸王」製造は中止に追い込まれることとなった。

最後にこはぜ屋全員で挑もうと市民駅伝に出演。その一方、頼るシューズが無くなった茂木(竹内涼真)はアトランティスから再びアプローチされることとなった。

「陸王」原作

「陸王」(りくおう)は、池井戸潤氏による小説作品。「小説すばる」(集英社)にて2013年7月号~2015年4月号まで連載。2016年7月10日に単行本が刊行。

創業から100年の歴史がある足袋製造会社「こはぜ屋」は近年は業績が低迷し資金繰りに悩み、老舗の存続をかけて異業種に参入。「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつき、社内にプロジェクトチームを立ち上げた。

近年人気となったランニング。そんなランニングシューズの開発を試行錯誤しながら老舗の存続をかけて邁進する姿が話題となった作品。

ドラマ「陸王」予告動画