ONE PIECE(ワンピース)が衝撃の実写ドラマ化!制作会社は?莫大な資金で世界観を再現

 

コミックス発行部数国内で3億5000万部以上、海外6600万部以上と、その記録はギネスに認定されている尾田栄一郎氏による『ONE PIECE(ワンピース)』が、実写ドラマ化されると発表され話題となっている。

世界中で愛されている『ONE PIECE(ワンピース)』の実写ドラマ化の時期やキャスト、現時点で詳細は未定だが、

「ファンを絶対に裏切らない」

と、尾田栄一郎氏のファンを絶対に裏切らないようにという条件をクリアした上での『ONE PIECE(ワンピース)』実写ドラマ化決定だという。

衝撃の『ONE PIECE(ワンピース)』実写化

出典:ONE PIECE スタッフ【公式】 twitter 画像

『ONE PIECE(ワンピース)』実写化されたドラマを制作するのは、大人気海外ドラマ『プリンズン・ブレイク』で知られるプロデューサー、マーティ・アデルスタイン氏率いるTomorrow Studios。

「実写映画化の話はいくつもあった。実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を迎える今日、その製作発表に至ったのは実は偶然であり、とても嬉しく思います。」

と、発表時に公開された『ONE PIECE(ワンピース)』作者の尾田栄一郎氏直筆メッセージで経緯を説明した。

最近の人気漫画の実写映画・ドラマ化にファンの意見は賛否両論となっており、不安は実写化につきものだが、今回のプロジェクトに、

「どうか期待の声をください。そして、胸を踊らせ、続報をお待ちください。お楽しみに!!」

と、不安になっているファンを気づかいながら締めくくった。

『ONE PIECE(ワンピース)』 公式サイト

『ONE PIECE(ワンピース)』を実写化するTomorrow Studiosとは?

今回、制作するTomorrow Studiosは、TVプロデューサーのマーティー・アドルシュタイン氏と英国TV製作会社ITV Studiosにより運営されるアメリカの製作会社。

今年6月に発表されファンの間で話題となった、アニメ「カウボーイビバップ」の実写TVドラマシリーズを手がけるスタジオ。

Tomorrow Studiosのマーティ・アデルスタイン氏によれば、『ONE PIECE(ワンピース)』の実写ドラマは、

「TVドラマシリーズ史上、最も制作費が高い作品になる」

と、実写ドラマ制作に多額の資金を投じるという。日本では実現できない『ONE PIECE(ワンピース)』の世界観を多額の資金を投じ、どうTVドラマ実現してくれるのか楽しみである。

今後のキャスト・あらすじ・公開日などの発表に注目したい。

Tomorrow Studios Wikipedia(英語版)