井上真央がドラマ1年9カ月ぶり復帰!女教師役の「あしたの約束(仮)」と現在は?

2016年8月に子役時代から所属していた事務所のセブンスアヴェニューを退社し、現在は休業状態だった女優・井上真央(30)が、10月から放送予定のフジテレビ系ドラマで1年9カ月ぶりにドラマ復帰を果たすことが報じられた。

井上真央が1年9カ月ぶりに主演で復帰する火曜21時放送予定のドラマ「あしたの約束(仮)」では女教師を演じ、息子の自殺について責任を母親から追及され、崩壊寸前まで追い詰められた高校女教師役を演じる。

子役時代から所属していた事務所であるセブンスアヴェニューを退社し、昨年末より岸部一徳、岸本加世子らが所属するアン・ヌフに移籍した井上真央。1年9カ月ぶりのドラマに注目が集まっている。



1年9カ月ぶり主演復帰ドラマ「あしたの約束(仮)」キャスト

約1年9カ月女優業から遠ざかっていた井上真央が主演復帰を果たす今秋のドラマ「あしたの約束(仮)」は、ノンフィクション作家・福田ますみ氏の『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)をベースにされたオリジナルドラマという。

井上真央が演じるのは自殺した息子の責任を母親から追及され追い詰められた高校女教師役という難しい役を演じる。

準主役となる母親役には仲間由紀恵にオファーを出していて返事待ちの状況という報道もあるドラマ「あしたの約束(仮)」のキャストに注目が集まっている。

あらすじ

たった一人の母親が学校を崩壊させた。不登校の高一男子が自殺した。久々の登校を目前に──

かねてから学校の責任を追及していた母親は、学校に全責任があると校長を殺人罪で刑事告訴する。

人権派弁護士、県会議員、マスコミも加勢しての執拗な追及に、高校は崩壊寸前まで追い込まれ、教師と同級生、保護者たちも精神的に追い詰められていく。

だが教師たちは真実を求め、法廷での対決を決意した。前代未聞の裁判で明らかになっていったのは、子供を死に追い込んだ母親の「狂気」だった。

どの教育現場にも起こり得る「恐るべき現実」を描ききった戦慄のノンストップホラーノンフィクション。「被害者」の皮を被った「加害者」に気をつけろ!

引用:Amazon

ドラマ「あしたの約束(仮)」のベースとなる『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』は、2005年12月6日に長野県丸子実業高等学校の1年生でバレーボール部員だった、裕太君が自宅で首をつり自殺した事件が題材。

シングルマザーの母は、自殺はいじめが原因と学校側へ責任を追及。マスコミが一斉報道し、人権派弁護士も裕太君の母への援護を始める。

2006年1月シングルマザーの母は、校長を刑事告訴、上級生とその両親に損害賠償を求める民事訴訟を起こした。

しかし、名誉毀損で逆に校長から提訴されるという異様な展開へ。『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』は、「丸子実業高校バレーボール部員自殺事件」の全貌と真実を明かしたドキュメンタリー作家・福田ますみ氏による話題作。

ドラマ「あしたの約束(仮)」のベースと発表されており、井上真央の演技に注目が集まっている。

井上真央の現在・最新情報

井上真央(いのうえまお)は1987年1月9日生まれ神奈川県横浜市出身で現在はアン・ヌフ事務所に所属している。

4歳時、母親の薦めで劇団東俳に入り5歳から子役として活動を開始。1992年『真夏の刑事』(テレビ朝日)でデビュー。『藏』(NHK)で松たか子の幼少時代、「三井のリハウス」のCMで池脇千鶴の妹役を演じ、多くのドラマやCMに出演。

1999年~2003年は昼ドラ『キッズ・ウォー』(CBC)シリーズに少女・今井茜役として出演し、正義感溢れる役柄を演じて注目を集めた。

現在は、子役時代から所属していた事務所のセブンスアヴェニューを退社し、昨年末より岸部一徳、岸本加世子らが所属するアン・ヌフに移籍。1年9カ月活動を休止し結婚準備ではと報道が相次いでいた。

かねてから交際が噂されているジャニーズの大人気アイドルグループ嵐・松本潤と約1年9カ月女優業から遠ざかっていた井上真央。

松本潤と井上真央の結婚時期は2017年に結婚の可能性はかなり高いと報道されている。最新情報では、松本潤と井上真央が同じ指輪を付けているという報道や、事務所独立の行為で早ければ2017年夏結婚という。

1年9カ月ぶりに活動を再開する井上真央に注目したい。

特集 あの人のとっておきセレクション 井上真央  NHKアーカイブス