岡田准一が映画「追憶」に主演!撮影に今をときめく豪華な面々が共演

 

「駅/STATION」「夜叉」「鉄道員」などの名作を世に送り出してきた、降旗康男監督と木村大作キャメラマンが15作目のタッグを組む「追憶」の製作が決まった。

9年ぶりとなるこのタッグに、名実ともに国民的俳優へと躍進を遂げた岡田准一さんが主演を務めることが発表された。

岡田准一主演映画「追憶」

CdxnYC8UMAEZuKA出典:Twitter

降旗監督と木村キャメラマンがタッグを組むのは「憑神」以来9年ぶりとなる。岡田准一さんを主演に迎え、全世代から幅広い人気を誇る小栗旬さん、柄本佑さん、長澤まさみさん、木村文乃さん、安藤サクラさん、吉岡秀隆さんという豪華な面々で日本映画化を新たなステージへと導く。

今作映画「追憶」は、高倉健さんの遺作「あなたへ」を執筆した青島武氏と映画監督・瀧本智行氏の完全オリジナルストーリー。このストーリーに降旗監督と木村キャメラマンも惚れ込んでいるという。

岡田准一主演映画「追憶」あらすじ

proxy出典:Twitter

幼少期をともに過ごした少年3人が25年の時を経て、ある殺人事件を捜査する刑事、容疑者、被害者という形で再会を果たしてしまう。事件の真相、25年の時を経て心の奥底に封印してきた忌まわしい過去と対峙していく姿を描くヒューマンドラマ。

降旗康男監督と木村大作キャメラマンが岡田准一さん主演で15作目のタッグを組む「追憶」公式サイト

岡田准一が映画「追憶」主演に選ばれた理由

CdIq83GUsAAuwCn出典:Twitter

降旗監督と木村キャメラマンは、岡田准一さんの持つ“陰”の部分を高く評価しているそうだ。

「岡田准一さんとは初めてですが、人間に内在する“陰”を演じきれる日本映画界では数少ない主演俳優だと思っているので、その“陰”をうまく引き出したいと思います」

と語るのは降旗監督、一方木村キャメラマンは

「岡田准一さんは、俳優にとって一番大切な“目”を持っていると思います。彼の横顔の伏し目に潜む“陰”を撮りたいです」

と、映画「追憶」主演の岡田准一さんを選んだ理由を語っている。

映画「追憶」撮影開始前の意気込み

主演の岡田准一さんが演じるのは、過去から逃れるために刑事になったが、ある殺人事件をきっかけに過去の自分と向き合っていく男・四方篤。

「映画界の至宝の方々とお仕事ができることを光栄に思います。素晴らしいキャストの皆様と、ひとつひとつを大切につむぎながら、降旗監督と木村大作さんの背中を追いかけていきたいと思います。おふたりのエネルギーに影響を受けながら、映画を愛する方々の愛をしっかり見てきます」

とコメントする岡田准一さん。

四方篤の旧友で事件の捜査線上に浮上する容疑者・田所啓太の役に小栗旬さん。

「こういった作品に声をかけていただけるとは思っていなかったので、ただ単純にとにかく存在していて良かったなと思います」

と、降旗監督と木村キャメラマンが日本映画化を新たなステージへと導くと言われている作品に出演する事に小栗旬さんは、感無量の様子。

「若き日々より、いつかまた一緒に仕事をしようと語っていた岡田さんとこういう形でお会いできるのもとても大きな縁を感じます。素晴らしいスタッフ、キャスト陣と心に語りかけられる作品づくりをできることを、今から心待ちにしています」

と語っている。「追憶」は、2017年に全国で公開予定。今後の発表に注目。[kanren postid=”99″]