大麻吸引容疑のBIGBANGメンバーT.O.P薬物で意識不明重体で病院に緊急搬送!現在



大麻吸引容疑BIGBANGメンバーT.O.Pが薬物で意識不明の重体で病院に緊急搬送

昨年10月ソウル市内の自宅で、歌手志望の20代前半の女性と計4度大麻を吸引した容疑がかけられ大人気韓国ボーイズグループBIGBANGメンバーのT.O.P(29)=本名チェ・スンヒョン=が薬物を多量摂取により意識不明の重体となっていると報じられた。

麻薬類管理法違反容疑で在宅起訴されたT.O.Pが5日には、ソウル警察庁広報担当官室楽隊から第4機動団に転任されていた。そんなBIGBANGメンバーT.O.Pが6日午前、目を覚まさず意識を失っていたため、ソウル地方警察庁所属の第4機動団関係者が家族に連絡したという。

T.O.Pは6日午前から薬物の多量摂取によると思われているが、目を覚まさず意識を失っていたため、ソウル市内の病院に運ばれた。しかし、午後になっても意識は戻っていない。同日午後5時ごろ、集中治療室に移された。

意識不明で発見されて病院に搬送されたBIGBANGメンバーT.O.P

出典:twitter画像

歌手志望20代前半の女性と大麻を吸引した容疑の大人気グループBIGBANGメンバーのT.O.Pが意識不明で発見されて病院に搬送された。それから午後7時頃、意識を取り戻したと伝えられたが現在は情報が錯綜中となっている。

大人気グループBIGBANGメンバーのT.O.Pは大麻を吸引した容疑でソウル警察庁広報担当官室楽隊から第4機動団に転任されていた。そんな矢先の6日午前、転任先の第4機動団宿舎で意識不明の状態で発見され、ソウル市内にある大学病院に緊急搬送されたようだ。

「第4機動団の職員によると、寝ているT.O.Pを起こしたが起きず、病院に搬送したという。日頃から飲んでいた精神安定剤を少し多く服用した状態だったようだ」

と、転任先である第4機動団に確認した上で警察関係者は発表。BIGBANGメンバーT.O.Pの所属事務所YGエンターテインメント関係者は、

「T.O.Pは今、集中治療室にいる。お母さんが病室で見守っている」

と、大麻を吸引した容疑でソウル警察庁広報担当官室楽隊から第4機動団に転任され意識不明で発見されたBIGBANGメンバーT.O.Pの状況を語った。

BIGBANGメンバーT.O.Pとは?

BIGBANGメンバーT.O.Pの本は崔勝鉉/최승현(チェ・スンヒョン)で1987年11月4日生まれの29歳B型。身長は181cmと長身でラッパー・俳優として活躍中だ。

韓国のソウルで生まれ育ったBIGBANGメンバーT.O.Pこと本名チェ・スンヒョンは、若い頃よりHipHop(ラップ)に興味を持っていて、KBSラジオ「チャドのラジオが好き」にてラップバトル優勝。中学生の頃からクラブでラッパーとして活動していた。

BIGBANG 公式サイト