新垣結衣(ガッキー)の神対応に「好きになっちゃう」黒歴史が今の女優活動に生きている



新垣結衣(ガッキー)の神対応に絶賛

女優・新垣結衣(ガッキー・28)の大ブレークを果たし大スターとなった現在も昔と変わらない神対応に、おぎやはぎの矢作兼ら芸人たちが絶賛していると10日放送のフジテレビ系「バイキング」でエピソードが語られた。

ファンだけでなくマスコミに対しても新垣結衣(ガッキー)は常に神対応をすることで有名らしく、10日放送に放送されたフジテレビ系「バイキング」では、取材時に咳をしていた記者に飴をプレゼントするなど、大スターとなった女優とは思えない気配りエピソードが紹介。

アンガールズ・田中卓志は、日本テレビ系で2005年~2006年に放送されていた深夜コント番組「落下女」で、女優業に進出して間もない新垣結衣(ガッキー)と共演していたが、番組が終了しまもなくして女優として彼女が大ブレークしたという。

大ブレークを果たした新垣結衣(ガッキー)の神対応に「好きになっちゃう」

出典:twitter画像

日本テレビ系で2005年~2006年に放送されていた深夜コント番組「落下女」に出演していた新垣結衣(ガッキー)だが、その後大ブレークを果たし、雑誌で深夜コント番組「落下女」での経験が現在の女優としての活動に生きていると語っていた。それを読んだアンガールズ・田中卓志は、

「普通、(女優は)コント番組の経歴なんて消すじゃないですか」

と、深夜コント番組「落下女」に出演してうたことを黒歴史としてあつかわないばかりか、現在の女優としての活動に生きているというコメントをする新垣結衣(ガッキー)ことに驚いたという。

また、アンガールズ・田中卓志と同じくその深夜コント番組「落下女」に出演していたおぎやはぎの矢作兼も、

「廊下で会ってもすごいカワイイんだよね。『あーっ!』って(手を振って)。昔(番組で)一緒になっただけなのに、すごい大スターになってからも一緒。好きになっちゃうよね。なんでもしてあげたい」

と、昔一緒になっただけなのに、新垣結衣(ガッキー)が大スターになってからも昔と一緒の対応にすごいカワイイ好きになっちゃうと語った。

新垣結衣(ガッキー)のプロフィール

新垣結衣(あらがきゆい)1988年6月11日生まれ沖縄県出身。女優・歌手・ファッションモデルとして活躍中。『ガッキー』という愛称で親しまれている。レプロエンタテインメント所属。

2001年に女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に私は年齢的にもうニコモになれないからと推されてモデル(ニコモ)オーディションに応募し、グランプリを獲得。

2005年春ニコモを卒業。ニコラの卒業を控えた2004年ごろからグラビアや女優業に進出していった新垣結衣(ガッキー)。グラビアアイドルとしては、主に少年誌の雑誌グラビアで活動を開始していた。

2006年3月3日に初の写真集『ちゅら☆ちゅら』を発表し、バラエティ番組では2005年10月から『落下女』(日本テレビ)にレギュラーとして出演。

DVD/バラエティ/落下女 女子を落とせるベストコント集(1)

2006年~2008年にかけて江崎グリコ「ポッキー」のCMに出演し、このCMがきっかけとなりブレイクすることとなった。

新垣結衣(ガッキー) オフィシャルサイト