『天空の城ラピュタ』クライマックス「バルス」にはもう一つのアイデアが!創作秘話が本に



『天空の城ラピュタ』クライマックス「バルス」にはもう一つのアイデアが

『天空の城ラピュタ』といえばクライマックスのあの名シーン「バルス」にはもう一つのアイデアが存在したという。

宮崎駿監督の姿を間近で見続けた木原浩勝氏が『天空の城ラピュタ』誕生30年に初めて明かす名作アニメの創作秘話を一冊の本にまとめ話題となっている。

『天空の城ラピュタ』誕生30年に初めて明かす名作アニメの創作秘話が一冊の本に

これは有名な話しですが、宮崎駿監督は「この作品が失敗したら、次回作はありません」と、背水の陣で挑んだスタジオジブリ創設第1作。

今や知らぬ人はいないというほどの名作となった『天空の城ラピュタ』は、会社の存亡がかかった宮崎駿監督渾身の力作。

その時代、日本はバブル景気の絶頂に沸きかえる中、宮崎監督と多くのアニメーターたちはどのようにプレッシャーと闘い、情熱を注いだのか。

これまでほとんど語られたことのなかったスタジオジブリ内での宮崎駿監督の素顔、制作過程、作品考察を交えて描くスタジオジブリの10ヵ月。

フィルム完成から公開までわずか10日だったというそのギリギリのドラマがついに木原浩勝氏によって書籍化した。

ジブリファン、アニメファンだけでなく、多くの人にオススメしたい感動のノンフィクションとなっている。

『天空の城ラピュタ』の創作秘話が一冊の本に

9784062202435楽天市場 もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代ー 木原 浩勝Amazon もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラピュタ』の時代ー 木原 浩勝

宮崎駿監督の姿を間近で見続けた木原浩勝氏が『天空の城ラピュタ』創作秘話をまとめた本は、第1章~第14章で構成されている。

第1章 スタジオジブリ入社への道
第2章 「この作品は失敗できない」
第3章 地蔵の人
第4章 フラップターの謎
第5章 愛された悪役「ムスカ」
第6章 馬車と喧嘩と原画頭
第7章 不思議のポムじいさん
第8章 予告編とテストフィルム
第9章 「馬之介」の思い出
第10章 神の降臨
第11章 「あと1時間くれ」
第12章 もう一つの「バルス」
第13章 『ラピュタ』最後の作画カット
第14章 落涙

と、各章では宮崎駿監督の姿を間近で見続けた木原浩勝氏しか書けない宮崎駿監督の姿が描かれている。

『天空の城ラピュタ』ファン、ジブリファン、アニメファンだけでなく読んだ人の多くが感動したノンフィクションとして注目されている。