明石家さんまテレ東と『もめてる』理由をラジオで暴露!年内引退説も



明石家さんまがラジオでテレ東と『もめてる』理由を暴露!

明石家さんま(61)が自身のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」22日放送でテレビ東京の番組に出なくなった理由を明かし話題となっている。22日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で明石家さんまは、

「テレビ東京さんともめてるって、世間も多分知ってると思うんですけど」

と、明石家さんま自らテレビ東京(テレ東)ともめている理由を切り出した。明石家さんまは、テレビ東京(テレ東)ともめている原因は26歳の時の番組だったと告白。

明石家さんまとテレビ東京(テレ東)がもめている理由・原因

出典:twitter画像

明石家さんまとテレビ東京(テレ東)がもめている理由・原因となったのは、明石家さんまが26歳の頃の出来事だったと22日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で告白。

26歳だった明石家さんまが出演していた深夜番組「サタデーナイトショー」が同局内の視聴率1位に当時なっていたという。

「テレビ東京内の視聴率トップが2週続いたのかな、それでスタッフ、プロデューサーともどもエラい盛り上がって、プロデューサーなんか『この勢いで10年、20年続けられる番組に致しましょう! 今後ともよろしくお願いしまーす!』ってワーワー酒飲んだ」

と、明石家さんまが出演していた深夜番組「サタデーナイトショー」が視聴率トップを取りスタッフ一同大喜びの中なぜか事態は一転し、次の週に終了が決まり突然打ち切りになった告白。打ち切りの理由・原因について明石家さんまは

「ちょっとしたお色気のコーナーがあったんですよ。それを偉いさんの奥様が気に入らなかったみたいで、『あんな番組がテレビ東京のトップになるなんて、なくしなさい!』って」

と、明石家さんまが出演していた深夜番組「サタデーナイトショー」が2週連続視聴率トップだったにも関わらず次の週でいきなり打ち切りになった事情を暴露。

「なにがなんだかわからなかった。(視聴率)とりすぎて終わるって、どういうこと。しかもテレビ制作にも関わってない奥さんの一言やで。複雑やったわー。でも、あのおかげで、『もう視聴率なんか気にしてる場合じゃないんだ』って26のときに思えた」

と、明石家さんまが番組作りに対する姿勢が変わるきっかけにもなったという。

明石家さんまは今年いっぱいで引退という噂が

お笑い界の頂点に君臨し続けてきた明石家さんまが、引退の意思を固めていると噂になっているという。60歳を前に一度は引退宣言をしていたが、爆笑問題の太田光などの慰留もあり撤回。現在も活動を続けていたという。

しかし、今年に入って明石家さんまは改めて引退を決意。年内で自身のレギュラー番組をすべて終了させ昨年末から調整に入っていると噂になっているようだ。

明石家さんまの引退決意の裏にレギュラーの中で唯一、純粋なお笑い番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)だという。

低予算の深夜番組だが人気芸人10人以上出演しているお笑い番組『さんまのお笑い向上委員会』は、さんまの番組だから人気芸人たちは通常の半分以下のギャラで出演しているといわれている。

低視聴率で制作費が削られ出演陣のギャラはさらに減ることに明石家さんまは、人気芸人たちに負担はかけられないと、番組の終了を決めると同時に引退を決意したようだ。