スポンサーリンク

24時間テレビの初代総合司会『萩本欽一』のギャラは1億円!その金の使い道伝説エピソード

日本中が感動の渦に巻き込まれる毎年恒例の日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」。この「24時間テレビ 愛は地球を救う」1978年初代総合司会を務めた『欽ちゃん』こと萩本欽一(75)のギャラが発表され話題となっている。

1978年初代総合司会を務めた萩本欽一のギャラは1億円だったことが25日深夜放送の読売テレビ「マヨなか芸人」で語られた。

25日深夜放送の読売テレビ「マヨなか芸人」では芸能プロダクション「浅井企画」に所属するお笑いコンビ「ずん」「どぶろっく」らがゲスト出演。事務所の大先輩である『欽ちゃん』こと萩本欽一の伝説エピソードを明かした

スポンサーリンク

『欽ちゃん』「24時間テレビ」のギャラ1億円の伝説的な使い道とは?

出典:欽ちゃんネル【公式】twitter 画像

「マヨなか芸人」でどぶろっくの森慎太郎の話しによると、今から39年前に「24時間テレビ」の初代総合司会をオファーされた萩本欽一は、高額なギャラを提示されても断り続けたという。

オファーを断り続けていたが最終的に「24時間テレビ」側が今までにない破格の金額を提示したところ、萩本欽一はようやく承諾したそうだ。

ずんの飯尾和樹によると、その金額はなんと1億円だったそうで、その金額で「24時間テレビ」の総合司会をオファーを引き受けた萩本欽一

「そのギャラ、全部チャリティーに回してくれ」

とスタッフに頼んだ。萩本欽一はチャリティーに回すためにギャラの額をつり上げていたというのだ。萩本欽一は「24時間テレビ」ノーギャラで司会やっていたとどぶろっくの森慎太郎が説明。

「マヨなか芸人」MCのブラックマヨネーズ・小杉竜一がノーギャラで司会と驚くと、ずんの飯尾和樹は

「24時間テレビ初代総合司会のギャラ1億円は今の3〜5億円相当」

だと説明。『欽ちゃん』こと萩本欽一の男気に「マヨなか芸人」出演者から驚きの声が上がっていた。