スポンサーリンク

SMAPSMAP(スマスマ)最終回の内容にファンから「納得できない」

年内で解散が発表されていた国民的アイドルグループ「SMAP」のレギュラー番組「SMAP×SMAP(スマスマ)」が26日、ついに最終回を迎えた。SMAPのメンバー5人は看板番組「SMAP×SMAP(スマスマ)」を「ラストステージ」にすると以前より表明していた。

26日の「SMAP×SMAP(スマスマ)」最終回の放送が終わり、解散を惜しまれていた国民的アイドルグループ「SMAP」としてのアイドルグループ活動に終止符を打った。

「SMAP×SMAP(スマスマ)」最終回の放送を終え、内容に涙した人も多かったが、ファンの間ではやはり「納得できない」「さみしい」と、「SMAP」解散を惜しむ声が相次いだ。

スポンサーリンク

「SMAPSMAP(スマスマ)」最終回の内容に涙解散を惜しむ声

出典:twitter画像

5時間にわたるこの放送をもって解散が発表されているSMAPは総集編で、タブーもふんだんに盛り込まれ話題となっている。2001年に稲垣吾郎(43)が公務執行妨害と道路交通法違反(駐車禁止)で現行犯逮捕。2009年には草ナギ剛(42)が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕。

SMAPの歴史のなかでこの2つの事件は最大の汚点となっている。「SMAPSMAP(スマスマ)」最終回の内容では、現行犯逮捕された稲垣吾郎について復帰したときの番組だけでなく、逮捕当時のニュース映像を使い、謝罪会見の様子も放送。

スマスマ第7回放送(1996年5月27日)では、オートレーサーになる事が夢だった森且行(42)が脱退を表明。現在は夢を実現しオートレーサーとして活躍。

2014年7月には「27時間テレビ」内で、ライブ後にSMAPメンバーにサプライズで脱退した森且行からの手紙が読まれた。「SMAPSMAP(スマスマ)」最終回では、オープニングの約10分を使って、6人で涙しながら歌うシーンなどで当時を振り返った。

「SMAPSMAP(スマスマ)」最終回のラスト内容は「世界に一つだけの花」

過去20年の収録映像を中心の放送内容となった最終回のラストは、5人全員が黒いタキシード姿で収録した大ヒット曲「世界に一つだけの花」を歌う姿を放映。

歌い終わると、5人は硬い表情で深々とお辞儀し、白い幕が下りた後、リーダーの中居正広が背を向け涙を拭ったが、5人から肉声のメッセージはなかった。

「世界に一つだけの花」は今月1日に収録され、これが国民的アイドルグループSMAPとして歌う最後の舞台となった。涙をこらえるような表情のメンバーにファンも涙し感動のフィナーレとなった。

SMAP解散の経緯

SMAPが解散と報道され、解散が表面化したのは今年の1月だった。木村拓哉以外の4人がジャニーズ事務所を辞め独立に向けて協議しているという報道が事の発端。

その後、5人が26日に最終回となった「SMAP×SMAP(スマスマ)」にて騒動を謝罪していったん沈静したものの、8月になって所属するジャニーズ事務所が解散を発表した。

ジャニーズ事務所が解散を発表した後、「奇跡を起こしたい」との思いからファンの間で仲間を募り、存続を願って行動してきた。「世界に一つだけの花」のシングルCDの購買運動はツイッターで拡大。

オリコン発表によると、1月以降で約40万枚が売れ、今月に累計で300万枚を突破。11日にはファンが存続を求め37万3515筆の署名をジャニーズ事務所側に届け話題となった。

「SMAP×SMAP(スマスマ)」最終回では、ファンからファックスで寄せられたメッセージも紹介され、「SMAP本当にありがとう」「これからもずっと応援しています」などといった声が寄せられた。

解散したSMAPは個々俳優・タレント・司会業などと活躍していくと発表されている。今後の活躍に注目したい。