公開中で話題の映画『君と100回目の恋』主題歌と予告動画・原作・あらすじを大公開

現在公開中で話題の映画「君と100回目の恋」は、シンガーソングライターのmiwaとNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」映画「ヒロイン失格」で大人気の坂口健太郎W主演による恋愛映画

「マエストロ!」以来2作目の映画出演となるシンガーソングライターmiwaが葵海役を演じ、劇中で鍵となる楽曲を書き下ろしこちらも話題となっている。

事故死してしまう幼なじみの大学生、葵海(あおい)(miwa)のために、陸が何度も時空を超えて奔走する姿を描くこの話題の映画「君と100回目の恋」。陸役を坂口健太郎が演じる。

特に若者に人気が高いmiwa・坂口健太郎の2人が初のダブル主演を務めている映画「君と100回目の恋」。「月9」や「朝ドラ」など話題作への出演が相次ぐ坂口健太郎が

「(初主演の)気負いはなかった」

とのコメント、シンガー・ソングライターのmiwaは

「演技の経験が少なく、プレッシャーがあった。でもロケ地・岡山での撮影が始まったら、毎日が楽しくて、不安が一気に吹き飛びました」

と笑顔でコメントしている。

映画『君と100回目の恋』 公式サイト

映画「君と100回目の恋」 公式twitter



miwa・坂口健太郎W主演 映画『君と100回目の恋』の主題歌

出典:映画「君と100回目の恋」 公式twitter画像

主題歌となっている「アイオクリ」は、miwa・坂口健太郎・竜星涼・泉澤祐希が劇中で組むバンド・The STROBOSCORPがクライマックスで歌う劇中歌。また、主人公・葵海(あおい)としてmiwaが作詞を担当している。

音楽が重要な役割を担っているといわれている映画「君と100回目の恋」。撮影前に3曲の劇中歌を書き下ろしたというシンガーソングライターのmiwaは、

「歌詞をセリフのように伝えようと、葵海が陸を思う時間を想像しながら作ったので、曲作りをしながら役作りをするという、新しい経験をしました」

シンガーソングライターとしてソロで活動するmiwaにとって、坂口健太郎ら出演者とのバンド練習は新鮮だったそうで、

「岡山のスタジオにこもって、一から息を合わせていくという作業は学校の放課後のようで、青春時代を追体験させてもらった感じです」

と、映画「君と100回目の恋」の撮影が学校の放課後のようだったと青春時代を追体験できたとコメントしている。

ギターに初挑戦した坂口健太郎は、miwaと坂口健太郎は同じ事務所に所属していることもあり、2人が所属するバンドのライブシーンで映画「君と100回目の恋」で練習をした華麗なギターさばきを披露。

「弾ける人、弾けない人は雰囲気でわかってしまうので、撮影2カ月前から時間が空いたらギターを持つという生活を続けました。カメラの前ではクールに振る舞ってましたが、カットがかかったらmiwaに『今の合ってた?』と聞いたり……」

と、撮影2カ月前から時間が空いたらギターを持つという生活での撮影を振り返った。2人の所属事務所が同じで、ほぼ同時期にデビュー。今回共演するまで互いに面識がある程度だったそうが、

「音楽が2人の距離を縮めてくれた」

と2人が答えている。

映画『君と100回目の恋』のあらすじと原作

あらすじ
事故に遭った大学生の葵海は気付くと、1週間前の教室にいた。時間を戻す能力を持つ幼なじみの陸は、葵海の運命を変えるため、何度も時を戻していた。互いの思いを知った2人は、恋人として日々をやり直すために1年前に戻る。幸せな時間を過ごす2人だったが、再び事故の起きたあの日がやってきて……。

引用: http://eiga.com/movie/84695/

原作
『君と100回目の恋』(きみとひゃっかいめのこい)は、2017年2月4日に公開。監督は月川翔、主演はmiwaと坂口健太郎のダブル主演。「君100プロジェクト」のメディアミックス展開として、同名タイトルの漫画が連載開始。小説も出版されている。

同タイトルの漫画が、週刊ヤングジャンプの2016年22・23合併号から2017年10号まで連載された。原作はChocolate Records、構成はイナバセリ、漫画はよしづきくみちが担当。

映画を下にしたノベライズが原作はChocolate Recordsだが、集英社オレンジ文庫の著者は下川香苗、集英社みらい文庫の著者はワダヒトミ。

公開中で話題の映画『君と100回目の恋』予告動画・動画