Twitterアカウントで過去・最新記事配信中です

スタバ2022夏のメロン新作ドリンクの評判は?抹茶スイーツも続々登場

6月1日に、スターバックス コーヒーより発売開始された新作ドリンク、その名も『The メロン of メロン フラペチーノ(R)』。“最後の一口までメロンの味わい”という、こだわりが随所にちりばめられた一杯だ。

発売日であった6月1日は、特に夕方~夜など退勤時間帯に、スターバックス各店で行列が出来ていたようで、車が駐車場に入れず道路で連なってしまうような場面も各地で見受けられたようだ。

そんな期待されていた新作ドリンクの味や評判は?また、同時に新発売された抹茶スイーツなどの概要もご紹介する。

20万いいね!期待の新作ドリンク

“最後の一口までメロンの味わい”という、『The メロン of メロン フラペチーノ(R)』。同商品発売のニュースには、公式アカウントでも20万いいねを獲得し、ファンの間では注目度も高いことがうかがえた。

スターバックスで“メロン”が味わえるドリンクは通常メニューになく、不定期限定で登場するのみで、そのたびに好評という。

「スターバックスコーヒー」の醍醐味として、「ホイップ追加」「ソース追加」など、個々人が好みに合わせてオーダーできる「カスタマイズ」が知られるが、この新作フラペチーノ(R)に関しては、担当が「カスタマイズなしで飲んでほしい!」と自信をもって開発されたという。

このドリンクの一番の特徴は、二種のメロンをふんだんに使っていることだ。カップの底には、芳醇な香りの赤肉メロンの果肉ソース。その上には爽やかな香りの青肉メロンの果汁を使用したベースとミルクを合わせたメロンらしい華やかで豊かな風味のフラペチーノ(R)が注がれる。

これだけでもメロン感が満載なのだが、だめ押しにメロン風味のホイップクリーム、そしてメロン風味のソースがトッピングされる。どの部分を食べても、最後の一口までもメロンのおいしさを味わえること間違いなしだろう。

◆商品名・価格(表示価格は税込の総額表示):
『The メロン of メロン フラペチーノ®』 Tallサイズのみ
<持ち帰りの場合> ¥678  <店内利用の場合> ¥690

◆販売期間:2022年6月1日(水)~2022年7月12日(火)
※なくなり次第終了

◆取り扱い店舗:全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)

実際に飲んでみた

それだけ話題になっているのならばと、筆者も発売日にスターバックス店舗へ赴いた。一店舗めは行列のあまり駐車場に入れそうになかったので、他の店舗へ移動。普段の平日ではここまでの混雑は見られないので、やはりメロンの影響かと思われる。

二店舗目で入ることに成功。周りのカスタマーの動向も見てみたが、体感8割近くの人がこの新作『The メロン of メロン フラペチーノ(R)』を注文しているように見受けられた。サイズが一種類なので、オペレーションも楽といえば楽なのかもしれない。

さて、その味は…。おいしい。本当においしい。なんといっても、この底にある赤肉メロンの存在感がすごい。大きめの角切りになっているので、ストローで吸うときに注意しないとつっかえてしまうほどだ。

メロンのホイップクリームも、そのままでも穏やかな甘さでおいしいのだが、ネットで、かき混ぜて飲むのがおすすめと見かけたのでそのようにした。確かに、混ぜたあとにも違った美味しさが楽しめた。

“最後の一口までメロンの味わい”というのは伊達ではなかった。メロンとミルクの相性も抜群だ。さっぱりとしすぎず、甘さもしっかりと感じられるが、決してしつこくなく、暑さも助けてゴクゴクと飲み干してしまった。

ネットでの評判は?

そうはいってもわたしの感想だけでは信頼ならないので、ネットでの評判も調べてみた。やはり、反応は上々のようだ。メロン好きにはたまらない逸品となっていること間違いなしだろう。

新作抹茶フードも展開

今年のスターバックスのサマーシーズン第2弾のテーマは“Yori Dori Midori (ヨリドリミドリ)” ということで、メロンのフラペチーノもその一角。「ミドリ」がテーマになっており、新商品はメロンだけではない。

スターバックスのコーヒー豆かすから作られた“たい肥”で育てたという抹茶を使用した2種類のフードが登場しており、こちらも見逃せない。『アーモンドミルクの抹茶ムース』と『抹茶ホワイトチョコスコーン』だ。

同時に、心身とともにやさしい気分になれる「プラントベース」のマフィンやドーナツなども新たにフードメニューとして加わった。また、夏らしさが感じられるタンブラーやカップ、リサイクル素材や再生可能な資源で作られた“ミドリ”デザインのカップなどもそれぞれ6月1日、8日に発売される。

「ミドリ」尽くしのスターバックスを楽しみながら、環境への配慮を考えるきっかけとしてみては?