都知事選に出馬の石丸伸二氏の言動はヤバイ?ホリエモンは擁護!映画化も

7月7日に行われた東京都知事選挙で得票数2位となり大きな話題を呼んだ石丸伸二氏。小池百合子氏には敵わなかったものの、蓮舫氏を超える得票数を稼ぐなどし、注目を集めています。

また、石丸伸二氏の言動や、質疑応答が怖いといった意見も。その独特な質疑応答の様子には、ホリエモンら著名人も持論を展開しています。注目の存在・石丸伸二氏をモチーフにした映画もこの夏放映されるということで、しばらく目の離せない存在になりそうですよ。

都知事選で石丸伸二氏が票を伸ばした要因は?

出典:公式X

7日に投票された東京都知事選は、無所属現職の小池百合子氏(71)の3選という結果になりました。過去最多の56人が立候補した今回の都知事選では、前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)や前立憲民主党参院議員の蓮舫氏(56)らが出馬していました。

小池百合子氏は、自民、公明両党や地域政党・都民ファーストの会などから支援を受けていました。立憲、共産、社民の各党から支援を受けた蓮舫氏と事実上の与野党対決となり、注目されていましたが、そこに食い込んできたのが石丸伸二氏でした。

石丸氏は前参院議員の蓮舫氏を上回る165万8363票を獲得しました。200回を超える街頭演説で名前を売り、公約や目指す政策はYouTubeなどで発信するという選挙戦で一躍、脚光を浴びていました。

この結果を受けて、翌日の8日にテレビ番組に出演した石破茂氏は、石丸伸二氏の健闘の要因について、非自民・保守・変革期待の「三拍子揃った」ことではないかと分析していました。

石破氏は、石丸氏が支持を伸ばした理由を問われると、「保守で、新しいもの、先進なもの、はっきり物を言うもの、そういう期待がこの人に集まったんでしょうね」とし、「要するに『自民党じゃない』『だけど保守である』『何か変えてくれそう』みたいな三拍子揃ったのが石丸さんだった」と推察しました。

関連記事:西川貴教が滋賀県知事選に出馬!?当選確実で党はどこなのか 地元からの期待大

1 2