大谷翔平が治療を受け故障者リスト入りと発表!肘の症状とPRP治療と幹細胞注射とは?



大谷翔平投手を右肘内側側副じん帯の損傷により、故障者リスト入りさせると所属するエンゼルスが8日(日本時間9日)に発表。

6日(同7日)には本拠地ロイヤルズ戦に先発した大谷翔平だったが、4回63球で緊急降板することとなり当初は右中指にマメができたことが降板理由と発表されていた。

先発したロイヤルズ戦では、4回を4安打4奪三振3四球1失点(自責1)で大谷翔平に勝敗はつかなかったが、63球のうち33球がストライクと制球が荒れていた。

大谷翔平投手の症状は?

右肘内側側副じん帯の損傷により故障者リスト入りさせると発表された大谷翔平投手。6日(同7日)の本拠地ロイヤルズ戦に先発したが、右手中指にマメができたため、4回63球で緊急降板。

「マメは試合中も気になっていたが、実際に4回まで投げれていたので問題ないように思えたが、試合後に肘に張りがあるという話が出た」

とエンゼルスは大谷翔平の症状を明かした。その後、7日(同8日)にロサンゼルスでスティーブ・ユン医師の診断を受けたという。

現在は、多血小板血漿(PRP)治療と幹細胞注射を受け3週間後に再び患部の状態をチェックし、その後の治療方針を固めるようだ。

多血小板血漿(PRP)治療・幹細胞注射とは?

多血小板血漿(PRP)治療・幹細胞注射とは、傷が塞がりカサブタが出来て、やがて元通りに治ったという一連の治癒過程が注目され、自分で自分を治す力である自己治癒力をサポートする治療法として、ヨーロッパやアメリカで頻繁に行われている治療法。

その治療法としては、自分の血液を約20㏄から特殊な技術を用いて血液中の血小板が多く含まれる部分のみを抽出し自己PRPを作成。成長因子が豊富に含まれている自己PRPを自分の身体の傷んだ部分に注射するいう治療。

その効果は、部分の組織の修復が促進され、”早期治癒”や”疼痛の軽減”をもたらすと言われている。

右肘内側側副じん帯の損傷した大谷翔平投手は、損傷部に多血小板血漿(PRP)治療・幹細胞注射を受けたと思われる。

大谷翔平投手の故障者リスト入りに球団は

右肘内側側副靱帯に損傷があることが判明しに10日間の故障者リストに入ったエンゼルス大谷翔平投手。エンゼルスのマイク・ソーシア監督は大谷翔平の故障者リスト入りについて、

「重要な選手を2名失うようなこと。ここまでのマウンドでの働きはとてもスペシャルだし、我々にとって重要だ。打席では重要な左打者でもある」

と故障者が続くエンゼルスには大きな損失だと語っている。ベーブ・ルース以来の二刀流として全米を沸かせている大谷は、これまで投手として9試合に先発し、4勝1敗、防御率3.10の成績。打者としては34試合に出場し、6本塁打20打点、打率.289の成績を残していた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.