注目キーワード

電撃卒業の長沢菜々香がSNS開設!ファン交流で再燃卒業真相は?

3月末で欅坂46から突然卒業した一期生の長沢菜々香(ながさわ ななこ)が、TwitterとInstagramを開設。

活動当時から「ファン思い」で握手会などでの人気も高かった長沢は、SNS上でもファンからのコメントに返事をするなど、さっそく交流する様子を見せた。

発表から数日での電撃卒業!闇に包まれた真相は?

出典:長沢菜々香Twitter

Twitterではこれから、日常のことなどを気軽に投稿していこうと思います」と発言した長沢菜々香。今後、芸能活動を続けるかどうかには言及しなかった。

欅坂46として活動する間、漫画雑誌「りぼん」(小学館)の作家としても活躍していた長沢。

元々アイドルと漫画家が夢だった長沢にとっては、まさに夢のような環境だったとも言える。そんな中、3月末の発表から数日での電撃卒業だった。

卒業時の「夢への第一歩を踏み出したい」「やりたいことがたくさんある」という不透明な発言に、ファンの中では疑問の声も上がっていた。



冠番組の『欅って、書けない?』(テレビ東京系)では、長沢の最後の出演回が

外仕事で挨拶もできない長沢と他メンバーがロケ先でどなられる

という衝撃的な内容だったこともあり、本ロケで世間の厳しさを知ったことでの卒業決意では、という噂すら流れた。

グループの不仲?暗雲立ち込める欅坂46

今回の長沢菜々香の突然の卒業発表では、メンバーへの事前の相談はなかったという。

また「りぼんの活動が一番楽しかった」という発言からも、本人にとってグループでのアイドル活動が順調だったとは言いにくい。

長沢に限らず、欅坂46では円満でない卒業脱退が相次いでいるように見受けられる。

先輩グループのAKBグループや乃木坂46を例にとってみれば、エース級のメンバーであってもなくても、発表から数ヶ月を経ての卒業で、大々的な卒業イベントなども行った上でファンと交流する時間をとるのが通常である。



しかし欅坂46の場合は、発表から実際の卒業までの時間が数日しかなく、卒業イベントが設けられないことが当たり前のようになってきている。

今年1月に発表された、絶対的エースの平手友梨奈や、ダンスリーダーの鈴本美愉、バラエティ人気メンバーの織田奈那でさえ、公式サイト上での「この発表をもちまして卒業・脱退といたします」という一文で片付けられるという、異例で不可解な最後だった。

このことから、欅坂46では円満卒業が限りなくゼロに等しく、何か内部で問題があるのでは、という憶測が流れている。

元メンバー平手や長濱ねるのSNSは?

欅坂46の元メンバーで卒業後にSNSを開設したのは、舞台女優などとして活躍する今泉佑唯と、YouTubeなどを中心に活動する志田愛佳の2人のみ。

いずれもSNS上で、欅坂46時代のファンたちとの交流を楽しんでいる様子だ。

平手脱退と同日に卒業した鈴本も、卒業直後にInstagramを開設したかに思われたが、その日のうちにアカウントを消してしまった。

現在もソロで活躍中の平手や、卒業して1年ほど音沙汰のない、超人気メンバー長濱ねるのSNS開設への期待の声もあるが、残念ながら今のところ確認されていない。

首を長くして待ち続けているファンのためにも、元メンバーらのSNS開設の日がそう遠くないことを期待したい。

長沢菜々香 公式Twitter