注目キーワード

ロッキン(ROCK IN JAPAN)2021急遽開催中止!東京五輪と何が違う?

「ロッキン」の愛称で親しまれ、8月7~9日と14、15日に茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催予定だった野外ロックフェス「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル 2021」が、新型コロナウイルスの感染拡大で開催中止になった。主催団体が7日発表した。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため収容人数を例年の半数以下とし、GRASS STAGEのみの1ステージ制で開催予定だった。すでにアーティストやタイムテーブルも発表されていたが、県の医師会から中止の要請を受けたという。

野外のロックフェスが開催できないような状況の中で、果たして東京オリンピックを開催することに問題はないのかと、改めて不安の声が高まっている。

2年連続ロッキン中止決定

出典:ROCK IN JAPAN FES 公式サイト

毎年8月に開催されるロッキンだが、昨年2020年は残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて中止となった。ロックフェスといえば夏のイメージだが、実際には季節関係なく全国各地で春夏秋冬にわたって開催されている。

しかし、2020年に限っていえば、ロッキンのみならず、新潟のフジロック、山梨のスペースシャワー、大阪・千葉のスーパーソニック、年末のカウントダウンジャパンなど、大きなものから小さなものまで軒並み中止になってしまった。

それだけに、2021年はロッキンが開催されると発表された際には音楽ファンは大盛り上がりとなったわけだが、結果的には中止を断念せざるを得ない状況へと追い込まれてしまったようだ。

発表によると、今月2日に茨城県医師会や県内26の医師会などから中止要請があり、仮に開催の場合でもさらなる入場制限措置等を講じることなどを要請されたという。

だが、ただでさえ通常は6つのステージを駆使して開催しているロッキンを、今年に限って1ステージに縮小して開催予定だったというのに、ここにきてこのタイミングでさらなる入場制限措置をとることは非常に難しい。

くわえて、訪れた人の会場外での行動管理も実質的に困難だとして、「医師会からの中止要請を重く受け止め、事務局内で協議を重ねた結果、開催を断念するしかないと決断しました」としている。

出演者は宮本浩次や櫻坂46、あいみょんなど

すでに中止が発表されてしまったが、出演者は今年も豪華メンバーが予定されていた。欅坂46から改名して初の出演となる櫻坂46や、通例はエレファントカシマシとして出演するが今回はソロで出演予定だった宮本浩次、若者からの人気が絶大なあいみょん、アニメ「鬼滅の刃」で一躍人気となったLiSAなどに注目が集まっていた。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021 茨城県 国営ひたち海浜公園 出演者予定一覧(中止

2021年8月7日(土)
King Gnu / Cocco/ 櫻坂46/ SUPER BEAVER / the HIATUS / 宮本浩次 / UNISON SQUARE GARDEN / WANIMA

2021年8月8日(日・祝)
ASIAN KUNG-FU GENERATION / [Alexandros]/ KANA-BOON/ sumika / BiSH / My Hair is Bad /マカロニえんぴつ / YOASOBI

2021年8月9日(月・振休)
あいみょん / サンボマスター/ 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / NUMBER GIRL / back number / マキシマム ザ ホルモン / ももいろクローバーZ

2021年8月14日(土)
UVERworld /THE ORAL CIGARETTES/ KEYTALK / きゃりーぱみゅぱみゅ / キュウソネコカミ / ゲスの極み乙女。 /フレデリック / RADWIMPS

2021年8月15日(日)
クリープハイプ /サカナクション/ Fear, and Loathing in Las Vegas / 04 Limited Sazabys /MAN WITH A MISSION / ヤバイTシャツ屋さん / LiSA / Little Glee Monster

今年もオンラインフェスの開催はある?

総合プロデューサーを務める、音楽評論家でロッキング・オン・グループ代表取締役の渋谷陽一氏は、ロッキンの中止を悔やみながらも希望を他のフェスに託す。

「『ロック・イン・ジャパン 2021』の開催は中止になってしまいましたが、各地で夏フェスは開催されます。絶対に成功してほしいです。音楽を止めない、フェスを止めない、という思いは多くの音楽ファンが持つ共通の思いです。コロナ禍にあって障害はありますが、あの祝祭空間を私たちは守っていかなければなりません」

「これから開催される夏フェスの成功を強く願い、応援したいと思います」

とコメントした。昨年の二の舞とならず、渋谷氏の望むように、全国各地のロックフェスが開催されることになればよいのだが、それも今後の感染拡大の状況次第だろう。また、以下のように続けた。

「アーティストの気持ち、フェスを楽しみにしている参加者の思い、それを考えると何とも言えない気持ちになります。悔しいです。申し訳ありません。でも私たちはこれからも最高のフェスを作り続けます」

昨年はロッキンが中止になった中で、主催であるロッキング・オン・グループは、11月6日~8日の3日間にわたって初のオンラインフェス『JAPAN ONLINE FESTIVAL』を開催した。同フェスでは、18m×7mの巨大LEDによる映像を前にライブを展開。楽曲の世界観に合わせて映像が変化していき、まさに“音楽と映像の一体化”が意識されたステージ作りがなされていた。

今年も同様にオンラインフェスが開かれるのかは不明だ。同グループは「オンラインライブはリアルライブの代替ではない」とし、オンラインライブは新たな形のエンタテインメントとして確立させたいという思いがあるようだ。

なお、中止が決定されたROCK IN JAPANのチケット払い戻しに関する詳細は後日発表予定だということだ。

東京オリンピックに高まる不安の声

今回の発表を受け、各出演者のファンや音楽ファンからは落胆の声が挙がっているほか、SNSで目立つのが、「なんで五輪ができてロッキンが中止なんですか」などの意見だ。

その不安はもっともで、現在ヨーロッパで開催中のサッカーの祭典「EURO 2020」(1年遅れで開催)の影響を受け、いったんは落ち着いたと思われていたヨーロッパでの新型コロナウイルスの感染状況が悪化している。

野外で開催される予定だった音楽フェスの開催すらままならないというのに、世界各国からアスリートや関係者の集まる東京オリンピックを開催して、果たしてその後の日本の感染状況は大丈夫なのだろうか?というのがTwitterなどで見られる世論だ。

東京オリンピック開始まで1ヶ月を切っている。何事もなく、杞憂で済めばよいのだが。