高岡蒼佑がドラマ出演!俳優復帰ではない?山本裕典主演の任侠ドラマ

  • URLをコピーしました!

俳優の山本裕典、北代高士、高岡蒼佑らが出演するドラマ『CONNECT -覇者への道』。このたび、主人公たちが属する、横浜最大の暴力団組織「東洋会」の紹介動画と、撮影現場で収録された山本裕典・北代高士の笑顔あふれる個人コメント映像が解禁となりました。

同シリーズには、2020年に俳優引退を宣言したことで大きな話題となった高岡蒼佑も出演していますが、本人はこれについて、「俳優復帰ではない」とコメントしているとのこと。一体どういった経緯があって出演に至ったのでしょうか?

CONNECT -覇者への道-あらすじは?

空前の任侠ドラマブームを巻き起こし、さまざまな世代から絶大な支持を受ける「日本統一」シリーズを世に放った制作会社ソリッドフィーチャーとNBC ユニバーサルエンターテイメントジャパンがタッグを組み、新たな任侠シリーズ『CONNECT -覇者への道-』が誕生。

主な出演は、山本裕典、北代高士、高岡蒼佑ら。さらには、「日本統一」も出演している本宮泰風をはじめ、菅田俊、松田賢二、黒石高大、脇知弘、波岡一喜など、極道作品おなじみの俳優たちも大集結している同作品。

本作品は、元暴走族のリーダーだった沢村竜一(山本裕典)と、問題児の元官僚・相馬邦人(北代高士)という、経歴も性格も対照的な主人公の若者2人が、ヤクザの世界に足を踏み入れ、惚れ込んだ「アニキ」のもとで真の極道へと成長していく任侠シリーズとなっています。

2人が慕う“アニキ”というのが、ラーメン屋「宗像丸」の店主である宗像清蔵(高岡蒼佑)。表の顔はラーメン屋の店主ですが、暴力団組織「東洋会」の裏仕事を請け負っていたのが宗像で、彼の存在は謎に包まれ、極道界では恐れられている存在。組の異端者でもある暗殺を生業としています。

ひょんなことから宗像のラーメン屋でバイトをすることになった元暴走族リーダーの沢村は、店主の宗像を師と仰いでいます。また、官僚同士の権力争いに嫌気が差して財務省を辞職し、自暴自棄になっていたところを宗像に拾われた相馬は、宗像の作ったラーメンに救われました。

経緯こそ違えど、宗像に救われた正反対の若者2人。そして、「この世界、足を踏み入れたら死ぬまで極道だ。その覚悟はあるんだな?」と言う宗像に、覚悟を決めた沢村と相馬は盃を交わし、正式にメンバーに。

向こうみずで無茶なことばかりするものの、いざ修羅場となると無類の強さを発揮する元暴走族・沢村と、頭のキレの良さと行動力を駆使して困難を乗り越えていく元官僚ヤクザの異色タッグが視聴者を魅了します。

さらに“「宗像組」を立ち上げる”という宗像の決意に満ちた宣言が、若者2人の心を震わせます。魂で繋がった男たちが見果てぬ抗争に身を投じ、ただ一心に任侠の道を究めていく姿から目が離せません。

山本裕典「戻ってきたなという感じ」

このたび公式サイトで公開された個人コメント映像では、主演の山本裕典が「充実してましたね。毎日ベタつきで芝居するというのは、本当に懐かしい感覚というか」と充実した撮影を振り返り、感慨深い顔を見せます。

また「スケジュール大変だったんですけど、一切苦に思わず、毎日1シーンごと楽しめてやれてたので、いい経験をさせてもらいました。戻ってきたなという感じになりました」と、充実した撮影現場を振り返って清々しい笑顔を見せています。

山本裕典は2017年に一度芸能界から事実上の引退をして、その後2019年に俳優復帰を果たしているので、それを踏まえて「懐かしい」と言ったのでしょう。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某鉄道会社で広報を担当のち、脱サラして世界を放浪しているayaです。オランダ移住が目下の目標です。よろしくお願いします。