磯村隼斗が裸の問題炎上シーンを謝罪!人気ドラマ「不適切にもほどがある」

  • URLをコピーしました!

今季イチの注目ドラマ「不適切にもほどがある!」のネットでの評判がうなぎ登りだ。2月16日に放送された第4話では、俳優の磯村隼斗の衝撃セリフが話題を集めたほか、「問題炎上」シーンへの謝罪をしたSNS投稿も注目を集めている。

本記事では「不適切にもほどがある!」の基本的なあらすじのほか、今ネットで話題となっている磯村隼斗の「問題炎上」シーン、そしてそれを見たネットの反応などもあわせてご紹介していく。

ドラマ「不適切にもほどがある!」が人気

阿部サダヲが主演し、宮藤官九郎が脚本を務める金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系/毎週金曜22時)。第4話が2月16日に放送され、今回の放送回も問題炎上で話題を集めている。

主人公の小川市郎阿部サダヲ)は、中学の体育教師。妻を亡くし、娘をひとりで育てるも、学校では生徒から「鬼のオガワ」と恐れられるほど厳しい鬼教師だ。そんな市郎がひょんなことから1986年から2024年にタイムスリップしてしまったことから物語は始まる。

市郎はワープした現代で、シングルマザーの犬島渚(仲里依紗)と出会い、時空を超えた関係性を築いていく。一方、昭和では、アイドルに夢中の秋津睦実(磯村勇斗)や市郎の娘の小川純子(河合優実)らの生活が描かれる。

さらに、市郎とは逆に現代から昭和へとワープした社会学者の向坂サカエ(吉田洋)とその息子・向坂キヨシ(坂元愛登)が、市郎の一人娘・純子らと出会い物語は進展していく。

言葉遣いが悪く、コンプライアンス意識の低い市郎からは、令和ではギリギリの不適切な言葉が多数飛び出す。時代のギャップを辛らつにコミカルに表現した本ドラマでは、そんな市郎の極論が、令和の人々に考えるキッカケを与えていく。

時代とともに変わっていいこと、変えずに守るべきことを見つめ直す、宮藤官九郎脚本のオリジナルドラマとなっている。タッグを組むイメージの強い阿部サダヲと宮藤官九郎だが、民放ドラマで主演・脚本としてタッグを組むのはこれが初めてとなっている。

磯村隼斗の衝撃「問題炎上」シーン

16日に放送された第4話では、傷ついた市郎の娘・純子(河合優実)が憧れのムッチ先輩(磯村隼斗)とバイクで出かけることに。ツーリングの途中で雨に降られると、ムッチ先輩は「俺ん家来るか? 着替え貸すよ」と言い、純子を自宅へと連れて帰る。

その後、ムッチ先輩の部屋で服を借りた純子は着替えながら、父・市郎(阿部サダヲ)が突然に姿を消したことや、キヨシに一緒に出かける約束をすっぽかされたことを思い返し「どうでもいいんだよみんな。純子のことなんか」とつぶやく。

そして母の死後、父・市郎を支えながら気丈に生活している彼女は、誰も自分のことを心配してくれないと不満をもらし「頭きちゃう…誰も純子のこと見てない」と言って振り返ると、そこには白ブリーフ一丁になって静かに肩で息をし、仁王立ちするムッチ先輩の姿が。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某鉄道会社で広報を担当のち、脱サラして世界を放浪しているayaです。オランダ移住が目下の目標です。よろしくお願いします。