飯豊まりえがドラマ主演!熱愛報道の高橋一生とは現在も交際中?歴代彼氏が豪華

  • URLをコピーしました!

「101回目のプロポーズ」「高校教師」「ひとつ屋根の下」などで知られる野島伸司がオリジナル脚本を手がけたドラマ「何曜日に生まれたの」が、7月期にABCテレビの全国ネットドラマ枠でオンエアされる。主演を飯豊(いいとよ)まりえが務めることがわかった。

飯豊まりえといえば、2022年には「岸部露伴」で共演している高橋一生との熱愛報道があったが、2人の関係は今も続いているのだろうか?また、歴代彼氏と噂される人物は多く、非常にモテることがうかがえる。

飯豊まりえが野島伸司ドラマの主演

女優の飯豊まりえが、ABCテレビが新たにスタートさせた日曜夜10時の連続ドラマ枠の第二弾となる「何曜日に生まれたの」(毎週日曜夜10:00から、テレビ朝日系)で主演を務めることが分かった。「ラブストーリーか、ミステリーか、人間ドラマか、社会派か」先が読めない予測不能の衝撃作が幕を開ける。

本作は、ある出来事をきっかけに、18歳から10年間引きこもり生活を送っていた女性・黒目すいの物語。高校の同窓会の招待状が届いたことで、彼女の運命が動き出すさまが描かれる。

飯豊まりえが野島伸司の作品に出演するのは、10代の頃に出演したドラマ「アルジャーノンに花束を」、そして「パパ活」に続いて、6年ぶり3作目となる。

「野島さんのドラマは、最後まで何が起こるかわからない」「頭の中を覗いてみたくなります」と野島脚本への意欲を述べ、プライム帯地上波連続ドラマで初主演を務めることについては「これまで通り、気負わずに、作品と大切に向き合っていきたいと思います」と語った。

飯豊まりえ・野島伸司コメント

出演が決まったときの感想として、飯豊まりえは「脚本の野島伸司さんには、10代の頃から、ドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)や『パパ活』(フジテレビ系)でお世話になっていました。その中でも「パパ活」は、初めて主演を務めさせていただいた、とても思い入れのある作品です」と振り返る。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某鉄道会社で広報を担当のち、脱サラして世界を放浪しているayaです。オランダ移住が目下の目標です。よろしくお願いします。