5年ぶりにテレビ出演したチェホンマンの現在!干された?大阪在住の噂

  • URLをコピーしました!

2000年代に突如として現れ、日本のバラエティ番組やドラマなどでも引っ張りだこだった総合格闘家のチェ・ホンマン。約5年ぶりに韓国のテレビ番組に出演し、近況を明かしたことで注目が集まっている。

日本で活躍した後は、韓国に拠点を移したものの、女性への暴行疑惑や詐欺疑惑などで表舞台から遠のくこととなったチェ・ホンマン。現在はどのような生活を送っていて、また今後への展望などはあるのだろうか。

チェ・ホンマンが5年ぶりにテレビ出演

(Image by 12019 from Pixabay

韓国で放送されたチャンネルA「オ・ウニョンの重宝相談所」。ゲストとして登場したチェ・ホンマンは「本当に数年ぶりだ。ほとんど山にばかりいた」と伝え、「テクノ・ゴリアテ、チェ・ホンマンだ」とニックネームとともに挨拶した。

格闘技ブーム真っ只中の2005年、ブームを牽引した『K-1』に突如として現れたチェ・ホンマンに世間は騒然。身長218cm、体重160kgという恵まれた体格を生かした豪快なファイトとギャップのあるお茶目なキャラがウケ、バラエティにも進出するなどし多くのファンを獲得していた。

しかし、戦いの場を日本から韓国に移したのち、女性への暴行疑惑で書類送検。知人から1,300万円を騙し取ったとして詐欺罪で逮捕されるなどし、猛バッシングを受け表舞台から姿を消していた。

チェ・ホンマンは同番組の収録時、人々の視線が怖かったために、済州で5年間にわたり隠遁生活を送っていたと告白。チェ・ホンマンは他人から何度も傷つけられ、人を避けるようになったとも明かした。

「注目されるのが怖い。人がいると、全てが真っ暗になる感じだ。こんな状態にまでなってしまった」と打ち明けたチェ・ホンマン。同番組を進行するメンタルヘルス医学科専門医のオ・ウニョン博士はこれを受けて、一般的に人が他人を避ける理由は二つあると説明した。

まず、コンディションがよくなく他人とエネルギーをやり取りする余力がないときで、チェ・ホンマンは普段から身長が高いことで注目され、より多くのエネルギーを消費し、大変かもしれないと察した。

チェ・ホンマンはこれに共感し、「過度に緊張すると何が起きたのか覚えていないこともある」と打ち明けた。以前、公共交通機関を利用しようとしたのだが、多くの人が集まっているのを見て緊張してしまい、地下鉄のドアで頭を打ち、血が出たこともあったと話した。

悪質コメントに傷ついた過去を告白

オ・ウニョン博士はさらに他人を避ける二番目の理由として、裏切りあるいは悪質コメントを受けた場合に言及し、チェ・ホンマンに「今までにあった悪質コメントのうち、どんなコメントが一番傷ついたか」と尋ねた。

これに対しチェ・ホンマンは「恋人との交際を公にしていたとき、彼女に対する度を越した悪質コメントが寄せられた」とした上で「知人に対するひどい悪質コメントが、いまだに傷として残っている」と打ち明けた。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某鉄道会社で広報を担当のち、脱サラして世界を放浪しているayaです。オランダ移住が目下の目標です。よろしくお願いします。