Twitterアカウントで過去・最新記事配信中です

スラムダンク映画THE FIRST SLAM DUNKが動員1位!あらすじ未発表で評判は?

12月3日から4日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、人気アニメ「SLAM DUNK」(スラムダンク)の最新映画である「THE FIRST SLAM DUNK」が初登場1位に輝いた。

スラムダンクといえば、高校の男子バスケットボール部を描いた、言わずと知れた人気漫画・アニメ。すでに完結している同漫画だが、今回の映画は、なんとあらすじなど一切未発表のまま公開日を迎えたという強気の姿勢。

そのため、SNSなどでは映画をすでに視聴した人たちによる「ネタバレ」を恐れる声も少なくない。映画「THE FIRST SLAM DUNK」を観た人たちからの評価はいかに?

スラムダンク最新映画が好発進

12月3日から4日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、昨週まで連続1位に輝いていた「すずめの戸締まり」を抑え、12月3日に公開された映画「THE FIRST SLAM DUNK」が初登場1位に輝いた。

この週の動員ランキングでは、初登場映画は2本。大泉洋、柴咲コウ、有村架純、目黒蓮(Snow Man)らが出演した廣木隆一の監督作「月の満ち欠け」が3位、5000年の眠りから目覚めた破壊神ブラックアダムがスーパーヒーロー軍団と戦うさまを描いたドウェイン・ジョンソン主演作「ブラックアダム」が5位にランクインした。

「THE FIRST SLAM DUNK」は公開2日間で動員84万7000人、興収12億9600万円を記録したという。この規模の興収は、同じくアニメ映画では興収180億円を突破した映画「ONE PIECE FILM RED」および、現在公開中で興収75億円を突破した映画「すずめの戸締まり」と並ぶ数字で、好スタートを切った。

1 2 3