注目キーワード

山寺宏一と岡田ロビン翔子の結婚が祝福されない理由は年の差?周囲の冷ややかな目

声優・山寺宏一と岡田ロビン翔子の結婚が発表されて10日ほど経つ。32歳という年の差婚は芸能ニュースなどでも大きく取り上げられ、世間を驚きの渦に巻き込んだ。

山寺は普段共演者からの評判もよく、この結婚は祝福されているかに見受けられていたが、話によれば芸能界からは冷ややかな反応を受けているようだ。

岡田ロビン翔子とは?

出典:日刊スポーツ

「やまちゃん」の愛称で知られる声優の山寺宏一(59)が、タレントの岡田ロビン翔子(28)と結婚したことを報告したのが今月14日。2人ともそれぞれ、自身のSNSで発表した。山寺は過去に2度離婚しており、今回が3度目の結婚となる。

芸能歴36年の山寺は、声優界の第一線で活躍し続け、その声域の広さから“七色の声の持ち主”と呼ばれる大御所。テレビ東京系子ども向け情報バラエティー『おはスタ』には19年間にわたって出演し、「ポケモン」大ヒットの功労者ともなった。

そんな彼のハートを射止めたのは、アイドルグループ『チャオ ベッラ チンクエッティ』旧・THE ポッシボーの元メンバーで、タレントの岡田ロビン翔子だった。トリンドル玲奈似のハーフ美女タレントだ。

父親がアメリカ人で母親が日本人というバックグラウンドをもつ彼女は、ボストン生まれのロサンゼルス育ち。2000年に日本へ渡り、そこから4年後にハロプロのオーディションに受かり、芸能活動を開始させた。

アイドル活動時代にはグループのリーダーを務めた。また、2018年にグループ解散後はソロで活動を始め、その後はラジオなどを中心に活動をしてきた。

三度目の結婚は32歳差婚!

山寺は、1994年に声優・かないみかと結婚し、2007年に離婚が判明。また、2012年6月に声優・田中理恵と再婚したが、2018年7月に離婚した。そして三度目となる今回は、驚きの32歳差婚となり、親子ほどに年が離れている相手を選んだ。山寺は以下のようにコメントを出している。

「世代も育って来た環境も全く違う二人ですが、互いに支え合い人生を共に歩んで行く事にした次第です。自分の年齢等を考えても、結婚を決意してくれた彼女には感謝の気持ちしかありません。 人間はいくつになっても成長出来ると信じています。長く元気でいられるよう、これまで以上に健康に留意し、仕事もプライベートも充実させていきたいと思っております」

「ツッコミどころ満載の二人かもしれませんが、このような時代に一緒に生きていく事を決めた我々を、どうか温かい目で見守っていただけたら幸いです」

出会いは岡田が現在も出演するbayfmのラジオ番組での共演だったという2人。5年間にわたってともにパーソナリティーを務めてきた。32歳差を感じさせない名コンビぶりで、お互いのファンからも大好評だった。岡田も結婚発表に伴い自身のツイッターで、

「共演していたラジオ番組を山寺さんが卒業したあと『お仕事のこと』『人生で大切にしていること』『幸せの瞬間』いろんなお話をしていく中、真面目で誠実な姿に惹かれ、びっくりするくらい繊細な彼を支えていきたいという思いが芽生えました。これからも感謝の気持ちを忘れずに、小さな幸せを重ね、笑顔あふれる家庭を作っていこうと思います」

とつづった。

交際約1年でのゴールインとなった2人。同居はまだで、挙式・披露宴の予定も今のところない。岡田は現在妊娠しておらず、今後も家庭を優先しつつ、芸能活動を続けていくという。

芸能界から冷ややかな反応の理由は年の差?

一見すると祝福されているかに見受けられた2人の結婚だったが、芸能関係者は、「周囲の反応は冷たい」と指摘しているという。象徴的なのは、山寺が19年間にわたって出演してきた「おはスタ」関係者からの反応だ。

「長年MCを務めていたテレビ東京系の『おはスタ』のアシスタントである“おはガール”出身のタレントたちが、祝福ツイートをほとんどしていないんですよ……。OGによっては、結婚相手である岡田さんと年齢が変わらないですからね。パパのような存在だった山寺さんが、自分たちと同世代の共演タレントを異性として見ていたことに引いちゃっているのかも」(芸能プロ関係者)

芸能界では、年下好きで有名であるともいう山寺。また、「アラサーを常に狙っている」との指摘も。最初の結婚は山寺もアラサーだったので同世代同士の結婚だったが、2回目の結婚は18歳差という、これまた年の差婚だった。

そして今回も、岡田ロビン翔子はまたまたアラサー。山寺は恋愛相手はアラサーがいいというこだわりでもあるだろうか?と訝しむ芸能関係者も少なからずいるようだ。

「一緒に仕事をしたことがあるスタッフたちは、“英雄色を好むだよね!”“まるで加トちゃんみたい!”と年下好きをイジっているような反応ばかりでした(笑)」(映画配給会社関係者)

いじられているということは、あながち冷ややかな反応ばかりではないのかも?いずれにしても、前述のように一部の女性タレントたちからは複雑な思いを抱かれていることは間違いなさそうだ。